TOP > 政治・経済 > 自公推薦の現職敗れた鹿児島県知事選 政党全体への不信感 - 産経ニュース

自公推薦の現職敗れた鹿児島県知事選 政党全体への不信感 - 産経ニュース

12日投開票の鹿児島県知事選で、自民、公明両党は推薦した現職、三反園訓氏が無所属の保守系新人に敗れ、前回の平成28年知事選に続く連敗を喫した。与党は前回、三反園…...

ツイッターのコメント(11)

??

つまりは当総裁である安倍首相
に対する不信感
という事。安倍を担いだ自民党は
ただただ落ちるだけ。
地方から狼煙が上がってきたな。
胡散臭い奴だとお思いでしょうが、胡散臭い奴ほど政治家っぽいもんでございます
中央政権に意志まで示せれる様な立候補人材いねえっしょ。消去法だわ(´・ω・`)
三田園さんって、テレ朝のキャスターだった方かしら?
それが自民に担がれるわけだから、そりゃ分かりづらいわね

 政党全体への不信感(産経新聞)
終盤には二階俊博幹事長も鹿児島を訪れたが、党幹部は「負けるべくして負けた」と肩を落とした。
*****そりゃあそうだ。
自公に推されて「反原発」を下ろした三反園知事が負けた
自民党よ奈落の底へ落ちろ。
政党全体への不信感(産経新聞)
何で三反園を推薦したんだろう?
負けるのわかっていたと思うだけど。
二階氏が仕切ってますので、限界が出ていると思います。石破氏の存在もです!
バックを考えるとやむを得ないのかも知れないですね
ある意味良かったのかもしれないなぁと思いました
産経らしく与党も悪いけど野党も悪いってかき書き方ね😥
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR