慰安婦扱った映画「主戦場」めぐり、学者の会が上智大の研究倫理を問う声明 - 産経ニュース

ツイッターのコメント(17)

手遅れだな
その筋の人達には格好の餌になったわけだ
上智大はどんな対応を取るか注目したい。

研究は完全に自由だ、問題はそれの発表の仕方が主張だけでなく営利目的も有る点だ。
そして何より「中身」だ。
同じ「学者の会」でも。↓

「不当な日本批判を正す学者の会」(AACGCJ、会長・田中英道東北大名誉教授)
良い動き。そもそも、様々な権利侵害を訴えられている当該映画が、係争中にもアチコチ、しかも海外でも、構わず上映され続けているという事が問題。更に、上智大がグルになって加担している事も超問題!
こんな会があったとは❢❣
この出崎幹根監督と言うのは、日本人?遣り口が朝鮮人と何も変わらないのだけど、ちょっと汚い遣り方だ。
上智大の大学院生だった出崎氏から、卒業作品の制作目的で取材を依頼されたため協力したと説明し「一般に公開されることを知っていたら受けることはなかった」
…不当な日本批判を正す…お願いします。慰安婦を取り上げないで。人権は平等に守られるべきです❗日本人への人権侵害はずっと無視された…
上智大学による不当な歴史捏造をゆるすな‼️
安定のパヨク大学 ここ中野が教授やってるとこやろ
◆ほんと映画監督や芸能人は左巻きが多いいわ。
近年、上智は左傾運動家が浸食している。今回の事はその尻尾が出たに過ぎない。
@SophiaUniv_JP 以下についての説明をしっかりするように。
研究倫理がしっかりしていない大学はだめだと思う。
大学側の異例ともいえる対応は批判されるべきだ。今回の声明も当然の事だ。
不都合な主張・表現を用いる者を、理路整然と論難するのではなく、手っ取り早く社会から閉め出そうなどとは、およそ学者を名乗る資格は無い。
一体何を学んできたんだか。
以上
 
PR
PR