TOP > 政治・経済 > 鈴木貴子衆院議員、日露平和条約交渉「日露両首脳が決断できる環境整備を」(1/2ページ) - 産経ニュース

鈴木貴子衆院議員、日露平和条約交渉「日露両首脳が決断できる環境整備を」(1/2ページ) - 産経ニュース

13コメント 2020-02-11 23:20  産経ニュース

ロシアとの北方領土問題を含む平和条約締結交渉が一進一退を続けている。安倍晋三首相はプーチン大統領との個人的な信頼関係を生かし、問題解決に意欲を見せるが大きな進展…

ツイッターのコメント(13)

いやいや、悪い冗談はよしてくれ。
「北方領土に近い」ではなく、「ロシアに近い」のではないでしょうか?
「何か言ってる」ようで「何も言ってない」人の話を乗せるサンケイは「何もわかってない」で決まり…です
安倍首相は国会質疑で「四島の問題は、島だけではなくて水域も含めて考えていかなければならない」と述べ、EEZも変わってくると言及した。日本の現職首相がこうした認識を示すのは初めてだ
海で生きる元島民の2世、3世、4世は「首相は分かっているな」と感じたと思う
小さな事からコツコツと、でもね鈴木親子だけでは問題が大きすぎ‼️話変わるが、この国の議員って世襲化どんどん増えてるね❗️やっぱ政治家って儲けが良いんだ❗️無能でもね‼️
そうそうこの辺の議員ってやっぱ、山本太郎と一緒❣️
言うだけで解決法を語らない。

どういう風に環境整備するのかを言うのが政治家で、反対論を論じるんは、国民なんよ。呆れるわ
プーチンとパイプがあると言っているが、一方的なパイプ。経済と金を取られるだけ。プーチンに勝てる能力はない。
>外務相、政府の手法に大疑念・・何を今頃、今更・・数十年間、北方領土関連に出された支援金、給付金は如何程なのか?成果・前進はあったのか?
4島で始まった交渉だから行き詰まる
南樺太と全千島は法的に我が国の領土
この前提で交渉しなければ島は帰らない
こんな汚い裏切り者の国と関わらなくていいわ!
なんかチンケな話しに仕上がってます
気の毒だが金の切れ目が縁の切れ目、アヘの失政。

『プーチンが安倍首相と30回近く会談を重ね、2人で「将来世代にツケを残さない。私たちの世代で解決しよう」と話し合っている。裏を返せば、日本との交渉に前向きということだ。』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR