TOP > 政治・経済 > 安倍政権「辞任ドミノ」現実に 過去の悪夢再来に危機感 - 産経ニュース

安倍政権「辞任ドミノ」現実に 過去の悪夢再来に危機感 - 産経ニュース

懸念された閣僚の「辞任ドミノ」が現実になり、安倍晋三首相は事態の収拾に追われた。政府・与党内には、閣僚が不祥事で次々と辞任し、退陣にまで追い込まれた第1次政権の…...

ツイッターのコメント(27)

!集団的自衛権の強行採決!森友問題、虚偽答弁、公文書の隠蔽、改ざん、官僚自殺、レイプ犯隠し、セクハラ、福島で良かった大臣発言!自民議員の不祥事、差別発言、etc、もうウンザリだ!
それを言うなら、与党が連鎖なら野党は崩壊なんですけどね笑
些末とは言わないけど、法がおかしいと思ってます。プロレス政治とか言われてるけどアングルなんか要らないからもっと国益に叶う議題を切に要望してます。
>

で誰が悪夢の野盗政権を望んでる?
韓国?朝日新聞?パヨ大学教授?
在日反日種族?
自民党の大臣は非を認めて辞任し、責任を取っているが、野党の辻元、蓮舫、福山など当然辞任に該当する議員が辞めないのは不公平の極み。
今回の辞任ドミノも政権運営への影響を見極め、衆院解散の
タイミングを練り直すとみられる。⇒このままだと、今月中に
衆議院解散で来月衆院選ですね。
自民党もまともな人材少ないんだから毎回大臣変えなきゃいいのにね。安倍政権もそろそろ潮時かな。てゆうかまだまだやることいっぱいあるよ!😆
政治家の資質が有るか無いかも確かめないで推薦してきた自民党の責任。 証拠もないのに週刊誌の内容だけ信用するのは不味いけどね。 マスゴミは反日組織だから!
仕方ない膿を出してしまえ、野党にもたくさんいるから相討ちに持ち込めば宜しい。メデイアは与党の敵になるからツイ民は野党攻撃を、少しでも安倍総理の味方になれたらいい。
悪夢に危機感
いづれはこうなる事も計算して先に外国人土地購入制限・電波オークション・原発再稼働・総連破産法…せめてこれくらいやっとくべきやったのよ。野党に忖度してパチンコ利権解体するIRの準備してすらできてないんやから怠慢や。
①香典の責任で大臣辞任!野党も香典等が明るみに出るが誰も責任取らず?②妻の選挙のウグイス嬢の日当で辞任!野党も該当者は大勢いるのでは?厳格すぎる「公職選挙法」に抵触で国会審議が止まるのも何んだかなぁ(こんな立派な道路が40K制限かよ…みたいな?) @Sankei_news
毎度の事なので、もう国民は
驚かない

まーた、辞任劇場が始まったくらいで、見てる人多数

ポエム環境大臣も、要らないかと

さーて次回の失言さんは?
で、蟹とメロンまだ届きませんが
何度も繰り返す同じ文言だけの責任の取り方に、理解が得られることはない。
いい加減に議員辞職すべき。
糞尿撒き散らかす政治されては政権交代しても始末に終始で終わる。
失業者が増えるだろうね、少なくても愛知県は半数~ヾ(^_^) byebye!!
今の野党にそこまでの勢いはない
残念ながら「返す言葉がない」

辞任ドミノを招いたとはいえ、状況が大きく異なる
厚労省でずさんな年金記録が判明した「消えた年金」などで政府を追及していた旧民主党への政権交代を期待する世論があったが、今の野党にそこまでの勢いはない
辞任大いに結構。但し常に国益を考え最善の策を講じればいいと思う。国益を無視し政権を困らせる事だけ考える野党に対しては『国益優先』と言ってやればいいと思う。
産経はえらい神妙だな、いやいや余裕だな。支持率50%だからね、大臣辞任5連発しても本気で「安倍ヤメロ」と言われない、次にイメージできる政治の固まりがないからね、日本の状況は最悪、何とかしなければ本当にドボンするぞ。
でもよー、野党も解散が怖くて日程調整拒否以外に何もできないんだろ?
自公の一部に呼び掛けて、不信任案可決へ向けた動きとかすんの?
否決ありきの野党だけの不信任案じゃあみっともないだけ。
こういう時は財務省が怪しいと思うのは定石。消費増税をやり、撤回したが「10年増税必要ない」で、もう安倍でなくてもいい。次は菅さん有力。更なる増税のために財務省の怖さを菅さんに教え、逆らえない状況作り。国民は蚊帳の外😱
安倍政権の不都合があれば、ハイ、世論調査!?
過去の悪夢再来に危機感(産経新聞)  それでも、検察は動かず、メディアは擁護とシカト、そして国民は…。
アゲイン、プリーズ
==>>厳しい現状ではあるものの、信頼に足る代われる人物や政党が全く無い!!依って安倍晋三総理と現政権!!自由民主党を徹底的に応援とバックアップ致します。憲法改正必至で頑張って貰いたい。
このままでは終わらない。
ザコ順番待ち内閣では、まだまだ辞任が続く。
どうせ選挙では勝てるから、順番待ちしてる大臣候補の在庫一層セールをやってるんだと最近思うようになった
以上
 

いま話題のニュース

PR