TOP > 社会 > 総務省、5G基地局整備を前倒し 計画数を2割上積み - 産経ニュース

総務省、5G基地局整備を前倒し 計画数を2割上積み - 産経ニュース

総務省が第5世代(5G)移動通信システムの基地局について、携帯電話事業者らの整備計画が現行より前倒しで進むよう施策を講じる方針であることが23日、分かった。令和…...

ツイッターのコメント(10)

@hitomiriry 基地局から作らないと行けないので地方までカバーするには時間がかかるでしょうねー。国際政治的にも先行き不安ですし💦
〉参考に→
@Sankei_news 5Gは革命だといわれる。IOT市場が一気に拡大する。総務省が民間の5G基地局整備を支援することは意義がある。5Gになればサイバー攻撃のターゲットもパソコンからIOTに移行するのでリスク管理も大切である。
総務省、5G基地局整備を
前倒し
消費税減税・社会基盤投資・国防投資・・・投資しなければならない対象は今まで東アジアの国を忖度する勢力によって止まられていた?分、数多くある。5年ないし10年の中期計画で臨んでほしい。
総務省がやってくれるのかな
今日は5G動きそうね
アンリツは明日決算
総務省が第5世代(5G)移動通信システムの基地局について、携帯電話事業者らの整備計画が現行より前倒しで進むよう施策を講じる方針であることが23日、分かった。
令和6(2024)年度末の基地局数を2割程度上積みする。自動運転など幅広いサービスでの活用が期待される5Gを、都市部だけでなく地方でも早期に実用化することが狙い。
携帯基地局の高度化事業について、5Gへアップデートする際に補助金を出すよう見直しが入るとのこと。
携帯キャリアがどこまで、この事業を活用するか。
まだ5G工事が具体化されない中で、とても補助金申請を大量に出せないだろう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR