TOP > 社会 > 【自民党大会】谷垣禎一氏スピーチ全文「安倍首相の下で安定した政治を」(1/2ページ) - 産経ニュース

【自民党大会】谷垣禎一氏スピーチ全文「安倍首相の下で安定した政治を」(1/2ページ) - 産経ニュース

24コメント 登録日時:2019-02-10 13:55 | 産経ニュースキャッシュ

谷垣禎一前自民党幹事長が10日午前、東京都内のホテルで開かれた第86回党大会でスピーチした。全文は以下の通り。◇今日はご挨拶の時間をいただきまして、安倍(晋三)…...

ツイッターのコメント(24)

全文、見てなかったからツイート

谷垣禎一氏スピーチ全文「安倍首相の下で安定した政治を」
車椅子乗って動けるならまだまだ政治家として頑張れると思うのだが、勿体無い。
ガッキーくらいじゃないか、ポスト安倍は(日本の国益と言う意味で)
←虎8で青山繁晴さんも言っておられたが素晴らしいスピーチ!政界引退など撤回し再度政治の場に戻っていただきたいと願っています。
(産経| )呑気な谷垣氏、特定派閥を排除した党大会でバリアフリー促進を訴え。やはり、政界を引退したほうが幸せだった。有権者は存在が希薄な野党より自民への嫌悪感が上回った時に野党に投票する。
政治家としては今一つ煮え切らなかったが、今の谷垣氏の姿は立派だ。
お元気そうでなにより。
谷垣氏、元気になられたが老け込んだ印象。自民が苦しい時に総裁として支えたお方、もっともっと元気になって欲しい。
悪夢の民主党政権時代、谷垣さんが奮闘してくれたおかげで日本は潰れずに済んだと思ってる。
自分も障害を負って、障碍者に手厚い政治をしたいと思う様になったのなら、弱者基準ではなく税収の大半を占める中間層基準になるはず。富裕層だけを優遇する安倍を応援してはだめだ。
経済論等において、疑問を持つこともありましたが、政治家の姿勢としては範とすべき清々しい政治家だとおもいます。
自分が障害を負うと「障害というのは一人一人、抱えている課題が全部違うんだな」と感じております。
谷垣禎一氏スピーチ全文「安倍首相の下で安定した政治を」
だいぶ、ぼけとるな。
――もう少しまともかと思っていたが、間違っていた。完全なくずだった。
不幸なケガだったと思う。首相にもなれたかも知れない。しかし、彼は得難い気付きをつかむ力を持っている人間なんだなと思った

「障害というのは一人一人、抱えている課題が全部違うんだな」
動画があると良いのにな。
本当は、「安倍首相の下で隠ぺい政治を」やりましょう、ということですね。
ちょっと老けたけど思ったよりお元気そうでよかった。>
谷垣さん、大変だろうけどスピーチ出来るまで回復されて良かった。
記事読了→【自民党大会】谷垣禎一氏スピーチ全文 @Sankei_news [抜粋]私がけがをするまでは,私自身も障害者は皆さんおしなべて障害者だという漠然とした意識しか持っていませんでした。しかし,自分が障害を負うと「障害というのは一人一人,抱えている課題が全部違うんだな」と
本日の自民党大会、谷垣元自民党総裁がリハビリを乗り越え元気なお姿で登壇され、そのスピーチに感激いたしました。スピーチの全文はこちら→
@Sankei_news
谷垣氏は極真っ当な方だ
谷垣氏には今さら安倍首相に媚び売らずに、自転車競技で東京パラリンピック日本代表を目指してほしい。/
以上

記事本文: 【自民党大会】谷垣禎一氏スピーチ全文「安倍首相の下で安定した政治を」(1/2ページ) - 産経ニュース

いま話題の記事