TOP > ニュース総合 > 産経ニュース > 仏、中国進出阻止...

仏、中国進出阻止に転換 日仏2プラス2(1/2ページ) - 産経ニュース

46コメント 登録日時:2019-01-12 01:57 | 産経ニュースキャッシュ

日仏両政府が外務・防衛閣僚協議(2プラス2)で海洋安全保障分野での連携強化を確認した背景には、南シナ海や東シナ海での軍事活動を先鋭化させる中国への警戒感がある。…...

Twitterのコメント(46)

@chikachika02271 @moeruasia 世界の嫌われ者!特亜三国同盟になって私達とは永遠に関わらないで方向でお願います(╹◡╹)/
最終目標を三国との国交断絶。新年号に合わせてエレガントな欧州と仲良く御皇室&王室外交ですね🇯🇵🇯🇵🇯🇵🇯🇵🇯🇵✨✨✨🌸🌸🌸🌸🌸
おフランスは,要するに植民地支配時代の残骸を,今も持って居る,植民地国家って事だよな,,・・・・
安倍総理の政権だからできた「日仏連携強化」
👍👏🇯🇵🇫🇷
仏が対中に転換したのは大きな成果です。
常任理事国3国が対中にシフトしたら中国も簡単には動けません。
ロシアは常に離脱する危険性があり中国の孤立化が鮮明になる恐れが出てきます。
半島が味方につくかも知れませんがね。
日仏安全保障態勢は連携強化‼️中国への警戒‼️
仏。どうだろうな。>
中国経済衰えとともに、日米に歩み寄る。
マクロン政権、内政専門。
産経ニュース -
まぁ、産経節ですね。事の本質はそこじゃないし😏

🇯🇵

  ( ゚∀゚)彡
⊂彡

【愛国行進曲より抜粋】
往け八紘を 宇となし
四海の人を 導きて
正しき平和 うち建てん
理想は花と 咲き薫る
@Sankei_news

◆植民地搾取の官吏に支那人を使い、
戦後ベトナム独立に際し、逃げ出した、
ボートピープルと呼ばれた元官吏華僑らを受け入れたフランスに
対支那抑制網に加わって貰うのは良策なのだろうか
仏独もやっと中共党の野望に気づいたようだな
アメリカが延命し欧州が育てた " ナチス・チャイナ " に、今…
世界が共闘を始めた...
、自由なインド太平洋をめざす日本とフランスの思惑が一致したのである。欧米民主主義国家は、中国の軍事的膨張主義と世界覇権を阻止することになった。世界の平和には中国共産党の独裁政治は無用。
#虎8
仏が世界第2位のEEZ(排他的経済水域)を有する海洋国家とは、知らなかった。
とりあえず親支那のゴーンは期限無しで日本の刑務所にブチ込んで置くから心配するなw
経済関係を重視する為
今まで触れなかったんだ(@_@)。
つくづく能天気。 :
>フランスはもともと、インド太平洋にニューカレドニア、仏領ポリネシアなど海外領土を保有し、約8千人の兵力を展開している。世界第2位のEEZ(排他的経済水域)を有する海洋国家でもある。
お互い両国の利害が一致するならいいんやない?反対するのは中国共産党・韓国・IS・日本の赤政党と超党派国壊議員・産経読売など除くマスゴミ一派・市民・日本第一党など行動保守一派くらいのもん。
中国阻止に動くフランスとも共同歩調を取る日本政府‼️ 頑張れ安部政権‼️
日・米・豪・印に仏・英が加われば、強力な太平洋ダイヤモンド構想が実現し、中国包囲網がより強固となる。シーレーンの安全確保・東南アジア諸国との自由な貿易圏構築には欠かせない。
合従策でシナ包囲網を。

→→
日本は欧州の主要国として唯一、インド太平洋地域に軍事プレゼンスを持つフランスとの関係を深めることで、中国の動きを牽制したい考えだ。
どこの国も利益が優先する  シナ共産党とその一派の暴走に歯止めはかかるのか?
日本海も 反日国家の暴走で賑やかになりそうだ
(・・ただし、仏は肝心なときに頼りにならんかも・・)
支那包囲戦略は当然であるが、グローバル派大統領である間はフランスの軍事的信用度はゼロ。
日仏2プラス2(産経新聞)
実際、フランスは南シナ海に艦船を派遣する「航行の自由作戦」の実施を表明するなど、中国の覇権拡大を阻止するための具体的な行動をとり始めている。
今朝の産経新聞より
フランスが軍事的に親中から反中へ立場を"転換"したことには非常に大きな意味あり。 →
フランスは原発での中国との提携を止めるべきだ →
■西洋の連中に珊瑚ぶっ壊してそちこちシロアリ塚作ってる光景見せるべき!
未来人原田の言ってた、2022年に中国の軍事進出がきっかけで第3次世界大戦が始まるって本当なのかな…

GYNEWS-
重要なニュース

産経新聞(1/12)
フランス、中国進出阻止に転換 日仏2プラス2
ゴーン氏のことやJCOのことで、そのうち こういう会議も開かなくなったりするのかな。
ゴーンとJOCの問題はどうするのか?
日仏両政府が外務・防衛閣僚協議(2プラス2)で海洋安全保障分野での連携強化を確認した。

日本は欧州の主要国として唯一、インド太平洋地域に軍事プレゼンスを持つフランスとの関係を深めることで、中国の動きを牽(けん)制(せい)したい考えだ。
「フランス政府、中国進出阻止に転換、日仏2プラス2」

「フランスはインド太平洋にニューカレドニア、仏領ポリネシアなど海外領土を保有し8千人の兵力を展開している。世界第2位の排他的経済水域を有する海洋国家でもある」
以上

記事本文: 仏、中国進出阻止に転換 日仏2プラス2(1/2ページ) - 産経ニュース

関連記事