TOP > 社会 > IWC脱退 Q&A 日本の捕鯨はどう変わる  - 産経ニュース

IWC脱退 Q&A 日本の捕鯨はどう変わる  - 産経ニュース

51コメント 登録日時:2018-12-26 22:21 | 産経ニュースキャッシュ

日本政府は26日、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を発表した。今後、日本の捕鯨はどうなるのか。クジラの科学調査や国際的な捕鯨論議はどう変…...

Twitterのコメント(51)

完全に、ただの罵り合いになってる委員会に入っている意義はない。「付き合ってらんないよ」でいいと思う。

昔、凍らない油は鯨油のみで産業革命と共に乱獲。それから鯨油を上回る性能の化学合成油が発明されてからは・・・各国の歴史と文化を踏まえて議論せねば。
あと同居人に「日本がIWC抜けたのなんで?」と聞かれ、私もよく知らなかったので素直に検索して素直に出てきたサイト通りに説明したところめちゃめちゃアホみたいな理由だったので説明することも辛かったし、「日本政府さぁ…」と同居人以上に呆れてしまった
シーシェパはテロリスト
テロリストは一人残らず確実に殺害すべし
もちろんスポンサーにもいづれタヒんでいただく
参考「 日本の捕鯨はどう変わる」
>現在、IWC非加盟国のカナダやインドネシアも商業捕鯨を行っている。

産経は「孤立する」とか言ってますけどカナダ孤立してますか?
柔らかい肉に慣れた人たちに、鯨肉の需要がどれだけあるものなのか……
>日本の食文化を支えてきた商業捕鯨の再開
産経はうかれてるけど、これで日本は遠洋で捕鯨はできなくなったわけだ。輸入も禁止されるから供給量は今の半減以下。
鯨食文化の安楽死だね。
僕も鯨を食べた事があるけど、不味くて食えたもんじゃなかったって言う(笑)
鯨の問題なんて大した問題じゃあないし、それよりも国際協調を破棄するデメリットの方が多いんじゃないかと思うのだが。。
"日本近海での科学調査も行い、オブザーバーとしてIWCの科学委員会へデータを提供する。非加盟国だが、ルール上許されているIWC総会にも出席"
むしろ困るのはIWCだ、脱退続きで機能不全状態!。
生物学者の間では日本のIWCからの脱退はもっと早くすべきだったという意見もある。私もそう思う。反捕鯨国、反捕鯨団体は鯨保護 環境保護とは程遠いただ日本をターゲットにした恫喝と暴力の圧力運動をしてるだけだからだ。ついでにパリ協定も脱退したら。
「南極海での調査捕鯨に反対してきたオーストラリアやニュージーランドはむしろ、南極海から撤退したことで、従来の強硬姿勢を緩和させる可能性がある。」脱退批判派はここを誤魔化してるのが良くない。
マジでシーシェパードが怖い
>反捕鯨国は、IWCの設立目的である「捕鯨産業の秩序ある発展」からクジラの捕獲を一切認めない立場に
これに尽きます。レイシストの白人サークルに居続ける理由などない。
反対ビジネスを検挙しようて意識がないのは面白いもんだ、人の認知のウィークポイントなんかな
ヒンズー教は牛を聖なる動物と見なして食べない

しかしヒンズー教徒は、牛を食べる白人国家に過激な抗議をしない

白人国家の倫理の押し付けに辟易する
さらりと斜め読み。知りたい事はだいたいあった。調査は続けるのだな。
IWC脱退について外国から「日本らしくない」という声が聞かれます。でも、その言い草は本来「お人好しの日本らしくない」が正しく、戦後73年、我が国も漸く是々非々で物が言える、人並みの国に近づいた証左ではないでしょうか。因みに個人的に鯨肉には興味ありませんが。
国際動向の対応を見通した上で内閣の議論の果ての実行承認でしょう。問題が大きくなったら真摯に丁寧に責任回避は許されませんよね。〆
政府がIWC脱退を決めた今回の対応には賛成します。
今までは規模が小さく発展も望めなかったけれど緩く政府に守られた業界が、一転、他の食材と争わないといけないんだけど、そこは報道しなくていいのか?
たぶんね、マグロの漁獲枠制限とかで制裁食らいそうな気がする。そしてそこも脱退。その先に待っているのは…。紅茶がきっかけで起きたアヘン戦争ってのもあったな…◆
クジラの竜田揚げがまた食べられるようになるのはとても嬉しい。
国は捕鯨船を自衛隊の船などでシーシェパードから守るような対策を考えて欲しい。

/ 日本の捕鯨はどう変わる(産経新聞
ミンククジラは食べれるようになるんだな、多分・・・
「日本の食文化を支えてきた」とか嘘かくの止めてくれない?時代錯誤。-
なぜ日本だけがターゲットになるのか。それは、人種差別、そして金のなる木だからだ。 →   #
今思えば、認められていたことだけど南極海での調査捕鯨は余計だった。わざわざ反対派の裏庭でやることなかった。伝統的、文化的側面からの捕鯨を、日本近海で続けるだけで良かったと思う。後知恵だけど。
IWC脱退 Q&A
IWCよりもユネスコの脱退が先ではないかと私は大いに怪しんでいる。。。。。→
「二階初め一握りのクジラ利権者の為の脱退、独裁者安倍晋三一味にとっては思惑道理、国会も通さず国民にも説明ない独断は憲法違反です‼️」
しばらくの間、捕鯨船は海上自衛隊で保護したほうがいい。テロリスト船は容赦なく撃沈を。
これは当然です。豚や牛はよくて、クジラはだめ、というのは道理が通らない。
食文化を支えてきたって何十年前の話?自民がこだわる何か他の理由があると思うんだけど何なのだろう?どんな利権があるんだろう?
こだわるとこは世界中からフルボッコにされようが貫く。
逆にどうでもいいことは妥協する。捕鯨なんてどうでもいい。
こんなことに労力や反感買うことをする政治家どもは早く消えてほしい。
爆益で終わりそうな今年の納税額考えるとマジで税金むかつくわ。
国際捕鯨委員会からの脱退のニュースを聞いて感じた事は、自らの考えが同じ社会の一員である他者と違った時にどのように対応するかということでした。

まず、前提は自分の意見を持つことが1番重要であり、それをどのように主張した上で、議論を行うか。
ホドホドにね(^_^;
正直、3大食肉の牛豚鶏に食い込む勢いがあるなら話はまた違うんだろうけど。 →
ミンクとイワシは千葉ではよく出回ってるが、ニタリクジラは食べたことがないかも。あとたまに見かけるナガスクジラはどうやら対象から外れるようなので調査が無くなったら流通しなくなりそうだな。
海洋資源の研究発展への国際的な義務を果たすため南極海でも目視調査を継続し、国連海洋法条約に基づき日本近海での科学調査も行い、オブザーバーとしてIWCの科学委員会へデータを提供する。非加盟国だがIWC総会にも出席し将来の捕鯨のあり方の議論にも加わる。(産経)
来年はハリハリ鍋いっぱい食べて応援するです♪
より税金が使われる
30年近く商業捕鯨が止まっていたので漁師さんの代替わりが出来てるかどうか?
それに日本国内での需要があるかどうか?
この2つかな?
あぁ沿岸捕鯨だけになるのか。これも認めないなら脱退するしかないか。
これまで海洋資源として
そして環境・生態系を保護するため
提案し対話してきたが
反対ありきの集まりでは
加盟している意味はないよね
しかしこれから秩序を守っても
活動家による妨害に
対処せねばならないだろう
知りたいのはそんなことじゃなくて、質のいい鯨ベーコンが安く買えるようになるのかどうかだ。
オーストラリアやシーシェパードが機構が引っ掻き回しちゃったからいけないのだよね~だが、日本人も鯨を食べるの辞めればいいのだよ!食べなくても誰も困らない。商業捕鯨は研究だけにすればいいんだら。
イギリスのTVニュースでもトップニュースになっていた日本の捕鯨。86年に「もう食べられない」と言われたと思っていたら、まだ売ってるし、食べられたんだね。ちょっとビックリ。
「今後、日本の捕鯨はどうなるのか。クジラの科学調査や国際的な捕鯨論議はどう変わるのか。ポイントをまとめた。」
この記事なんかは典型的誤謬なのだが、対立点はその通りとしてもそもそも鯨肉は既に本邦の食文化を支えてなどいない訳ですよ。まして今なお文化的伝統として沿岸捕鯨を維持しているマイノリティ文化にも合致しない。
Q&Aの最後のシー・シェパードの件、つまり、日本領海に無断で侵入して、捕鯨を邪魔せざる負えないので、海保や自衛艦に追い回される事になる。撃沈しちゃえ!
つまるところ、IWCは日本の調査捕鯨のデータをアテにしつつ、捕鯨に反対してたと?
以上

記事本文: IWC脱退 Q&A 日本の捕鯨はどう変わる  - 産経ニュース

関連記事