TOP > 社会 > 安倍晋三首相 所信表明演説で憲法改正議論進展に意欲 第197臨時国会召集 - 産経ニュース

安倍晋三首相 所信表明演説で憲法改正議論進展に意欲 第197臨時国会召集 - 産経ニュース

12コメント 登録日時:2018-10-24 15:39 | 産経ニュースキャッシュ

第197臨時国会が24日召集された。会期は12月10日までの48日間。安倍晋三首相は同日午後の衆参両院本会議で所信表明演説を行い、外国人労働者の受け入れ拡大に伴…...

ツイッターのコメント(12)

今日はプレミアムフライデーだそうだ。
そういえば、そんなのがありましたね~
今年は、日本各地で大災害があり どころじゃないね!公務員はプレ金?
消費税増税ってだけで他の事が頭に入らん。増税する為にあらゆる施策を実施されてもな、、上げたくは無いんだろうなと思うけど・・不景気になるのか〜
憲法改正、拉致問題、日露関係のどれも結果が残せないはあり得ない。絶対にやり遂げる意思はおありか。どうしてそれで移民、消費増税を推し進めるのか。
所信表明演説で?
素晴らしい!
悲願達成の為に 我々も本気モードに切り替えましょう。
だからあ、早くして下さいよう‼️😩
頑張れ!憲法改正は何としても成し遂げなければならない。同時にスパイ防止法も!

首相、
憲法改正はともかくそれ以外は慎重にやって頂きたいわ
、今回の臨時国会は大切である。災害の補正については、金額がすくないえ。国土強靱化にするにはインパクトのある予算を組むべきでる。移民法案ついては反対だ。
以上

記事本文: 安倍晋三首相 所信表明演説で憲法改正議論進展に意欲 第197臨時国会召集 - 産経ニュース