TOP > 社会 > 【今週の焦点】安倍晋三首相25日から訪中 厳しい対中姿勢を一貫、関係は改善 日本首相の訪中は7年ぶり(1/2ページ) - 産経ニュース

【今週の焦点】安倍晋三首相25日から訪中 厳しい対中姿勢を一貫、関係は改善 日本首相の訪中は7年ぶり(1/2ページ) - 産経ニュース

21コメント 2018-10-21 22:45  産経ニュース

安倍晋三首相は25日から3日間の日程で中国・北京を訪問し、26日に習近平国家主席、李克強首相との首脳会談に臨む。日本の首相の訪中は、国際会議への出席を除けば平成…

ツイッターのコメント(21)

もっとおきゅうをすえてやってからでよかったのにね。日本の中共への対応なんて全然ヌルい。逆ならどんな目にあわされたか少し考えれば足りなさがよくわかるはず。
余計なこと言わなければそれなりに可愛く見える。
なにやってんの、この人。散々、海外旅行に行ったと思ったら、ゴルフ三昧。それが終わったら今度は中國。安倍晋三は一体なぜ海外旅行ばかりしているのだ?憲法変更を諦めたか?国政には興味がなくなったのか?税金の駄々洩れは勘弁してくれ。
拉致問題は大事ですが、米も中国は当てにできないと悟ったわけですから、日本のそのように英断をすればいい。今は中国の甘言に惑わさされてはいけません。
安倍総理お得意のバラマキ外交はダメ。今後、米国の対中政策は厳しさを増してくる。したがって日本は中国と距離を置いておくべき。できれば長距離でよい。
24日の臨時国会召集、翌日には中国に逃避する安倍晋三❗
3日間の息抜き、野党の動き見極めから始まる臨時国会。こんな奴、廃棄❗
日中両政府は、安倍首相の訪中に合わせ、金融危機で互いの通貨を融通し合う通貨交換(スワップ)協定の5年ぶりの再開で合意する見通し。スワップの上限額は・・・
日本首相の訪中は7年ぶり(産経)
・・・感謝!
中国側も「厳しい対中姿勢を維持する安倍首相の国際政治での影響力を無視できなくなってきた」(首相周辺)との見方がある。
日本首相の訪中は7年ぶり(産経新聞)⇒不安だらけです。
譲って譲って譲りまくって、得られるものはパンダだけですか?
中国の対米不調のなかで、日本との改善を模索。国内不調になればまた、反日が始まる。利用されない事が懸命。慎重な対応が必要。
私の目がおかしいのかなぁ
やっぱり古い
を見ると古臭い
尖閣での緊張はますます高まってるのに何が友好だよ。中国は何も譲ってないのに日本側からスワップや一帯一路の協力する必要あるの?
> 中国側も「厳しい対中姿勢を維持する安倍首相の国際政治での影響力を無視できなくなってきた」(首相周辺)との見方がある。
日中改善の兆しと言うが何処が?何も変わってはいない。中国は窮地に陥ると何時も日本に擦り寄る。天安門の事件の天皇陛下訪中懇願のように。一帯一路や貿易摩擦に塩を送るような愚策で対応しては成らない。此処は攻め一貫の時。
➤➤ 厳しい
@Sankei_news

◆日本人を拘束し、尖閣に侵犯し、謎のブイを設置し、パンダ・留学生・環境破壊名義で資金を吸い上げ、日本の各報道機関に工作員を常駐させる国との関係改善とは?
安倍総理は当然、一帯一路に反対を表明し尖閣に対し厳しく臨み南シナ海九段線は認めないとはっきり言って欲しい。米国と共に🇨🇳に厳しく臨んで欲しい。

@Sankei_news
まあ、チャイナスクールに騙されたな。あと、伊藤忠
すっごい不安。ウイグルのウの字も出さなそうだし、スワップOKして帰って来そう。第二次世界大戦の二の舞にだけはならないで。中国にNO!と言うチャンスなんだ!
@Sankei_news から
.
「尖閣諸島」近海に支那海警局の武装艦が連日姿を見せて挑発を繰り返している現状で、を10倍規模で再開?ふざけるな!(激怒)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR