南極のペンギン、温暖化で大繁殖する可能性 - 産経ニュース

地球温暖化で海氷が減少すると、南極の代表的なペンギンである「アデリーペンギン」が繁殖しやすくなることを、国立極地研究所の研究チームが突き止めた。南極の海氷面積は…

ツイッターのコメント(17)

南極同様に氷が減っている北極でも、氷上で狩りをするシロクマが危機に陥る一方、餌となるアザラシなどは危機が減ったと指摘される。チームの渡辺佑基准教授は「温暖化は生物に危機をもたらす印象が強いが、必ずしもそうではない」と話している。
温暖化でペンギンが泣いてるあの絵は何だったのか。
【2020年07月 産経新聞】
アデリーペンギンは温暖化で大繁殖する可能性

北極でも、氷上で狩りをするシロクマが危機に陥る一方、餌となるアザラシなどは危機が減った

〜『進化の法則は北極のサメが知っていた』の渡辺佑基さんによる報告
そうだろうな。
大きなくくりで 生態系の変化だ。
記事とは関係ないけれど。そういえば昔。三木市の喫茶店になぜだかペンギンがいたっけな🐧w

(産経ニュース)
アデリーペンギン可愛いし好きだけど、温暖化で殖えるから良かったねではないだろう。

(産経ニュース)
@anobutaka た、たいへんだ。
もうだめだーーーーーーー
”海氷がほとんどなかった年の体重は、氷がある年に比べ5~17%増加。巣立ちまで成長したひなの数も1・1~2・5倍に増えた。海に潜る際に氷の割れ目を探す必要がなく、行動範囲が広がり餌が捕りやすくなったためだ”

ペンギン「本当は氷とか嫌いなんやわー」
適応して殖えるものあれば、減るものもあり。
一概に何がいいと言い切れないのがねぇ…
「温暖化は生物に危機をもたらす印象が強いが、必ずしもそうではない」

知ってた( `・ω・´ )
あの女の子にも言ってあげて……
コロナで一気に知られるようになった次亜塩素酸による空間消毒(コロナには無意味かつ人体にやばい)は、高温多湿な日本でペンギンを飼育するときのカビ対策。ペンギンの住まいやペンギンの肺がカビるのを防ぐ。なので、気温は大丈夫だとしても、日本でペットにするのは大変。
地球温暖化というと
流氷に乗る孤独なシロクマの
イメージがあるが、
今日をもってそのイメージは
捨てるとしよう。。
アデリー🐧の大繁殖。Suica🐧たくさん買わなきゃ!(宿命)
●国立極地研究所の研究チームは,地球温暖化で海氷が減少すると,南極の代表的なペンギンである「アデリーペンギン」が繁殖しやすくなることを突き止めたそうです。
以上
 
PR
PR