TOP > 科学・学問 > 長さ1・4キロ「最古最大」のマヤ遺跡か 日本人率いる調査団発見 - 産経ニュース

長さ1・4キロ「最古最大」のマヤ遺跡か 日本人率いる調査団発見 - 産経ニュース

メキシコ東部の熱帯雨林で、紀元前1000年ごろに建築されたとみられるマヤ文明最古で最大の建造物を発見したと、猪俣健・米アリゾナ大教授を団長とする茨城大などの国際…...

ツイッターのコメント(18)

マヤ文明は3世紀頃からというのを覆す発見だと思うが、サポテカとかオルメカとの関係性はどうなっているのか知りたい所。
KIN14から始まった「白い磁気の魔法使いの年」に1.4キロという点もメモ。D/
土壇なのか。古代の競技場かなあ。>
意外と世紀の大発見じゃねえか。😂
これは凄い!
出土品が楽しみです😸

➡️
すごい!!これからの研究を思うとワクワクするね。

- 産経ニュース
この発見で歴史研究が進むといいね
( ゚A ゚)ホウホウ
中南米は、本当にあちこちで遺跡が密林に埋もれてるな……。
凄い発見ですね❗
これは凄い。石仮面や柱の男に関連した遺構が出てくるかな(^-^)/

- 産経ニュース
おお。派手なピラミッドが無いからこそ発見されて無かったのね🏛
最古最大かぁ。やったね👍
いいね!

ロマンが有る。
こつこつ発掘すれば何かが出てくるかも。
紀元前千年、つまり三千年前。デンジランドが地球に飛来した頃か
すげー!
以上
 

いま話題のニュース

PR