TOP > 社会 > リチウムイオン電池は「信念の結晶」 ノーベル化学賞の吉野彰氏(1/2ページ) - 産経ニュース

リチウムイオン電池は「信念の結晶」 ノーベル化学賞の吉野彰氏(1/2ページ) - 産経ニュース

ノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が開発したリチウムイオン電池は、さまざまな新技術の結晶だ。開発過程では多くの困難に直面したが、「社会…...

ツイッターのコメント(19)

産経新聞以外に、今日だけは日経なる新聞も買って読んだ。身近な発明品⁉️がノーベル賞。しかし、その賞金が1億円じゃないそうな。ケチな。

- 産経ニュース
イオンが

「ノーベル賞受賞記念セール」
やらないかな

吉野彰氏って、廣瀬俊朗氏や橋下徹氏と同じ北野高校出身なんやね。インタビューではラグビーW杯の話題(日本vsアイルランド)にも触れてたから、ラグビー好きなんかな。
って良い会社やね。
社員さん達の顔を見てたら分かるわ。
素晴らしい成果は、良いチームワークから生まれる。
良いチームワークは人のために頑張れる個人から生まれる。
こーゆー化学系の裏話は好きです
ノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が開発したリチウムイオン電池は、さまざまな新技術の結晶だ。開発過程では多くの困難に直面したが、「社会に必要とされるものを作る」という強い信念で実用化につなげた。
昨日、ノーベル賞の受賞が決まった旭化成の吉野さん、良いのが出来て良かったですね。吉野さんの母校は京大だそうだけど、吉沢研だったんだろうか。昔は、電気化学は京大や同志社、北大 (←腐食防食) でやっていた。これを機に、我が国の電気化学がますます発展すると良いナ
<<おめでとうございます!
吉野先生おめでとうございます。
技術者のエピソードって感じの記事だな。
たくさんあるんだろうな、こんな話。
いろんなめぐりあわせ、個人の貢献の積み重ね。
世紀の発明にはいろんなエピソードがあるなぁ。
ノーベル賞おめでとうございます!
リチウムイオン電池でノーベル賞取れるんだ?(´⊙ω⊙`)確かに欠かせないものではある。71歳は若いなぁ。最初お顔を見た時、85歳くらいと思ってしまった。
おめでとうございます!将来的に日本人はノーベル賞を取れないって本当?論文数世界ランキングで主要国は論文総数が増加しているが日本だけ減少傾向!博士課程に行く学生が少数で予算も少なく満足な研究ができない!教授が海外留学を勧めても拒否!文科省の陰謀? @Sankei_news
新技術「信念の結晶」
今の電化製品にはほぼ欠かせない技術の原型を開発してたのか・・  おめでとうございます!(^o^)
リチウムイオン電池の貢献度は凄いからね。当然の受賞。
このような方のおかげで私達の生活が豊かになっている。
日本 素晴らしい国ですね!!
いつか、リチウムイオン電池が誕生するまでの吉野さんの研究者としての人生を本にしてほしいです。是非、読みたいです。研究していたころの裏話なども知りたいですし、研究者精神というのも学びたいです。
日本からまた一人ノーベル賞受賞者が出たことはおめでたいですね。某国が妬んで言いがかりをつけてこないといいですが
以上
 

いま話題の記事

PR