TOP > 社会 > 感染力あるウイルス確認 アフリカ豚コレラ - 産経ニュース

感染力あるウイルス確認 アフリカ豚コレラ - 産経ニュース

72コメント 2019-04-02 11:24  産経ニュース

農林水産省は2日、中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージに、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認したと発表した。感染力のあるウイルスの持ち込みが分かったの…

ツイッターのコメント(72)

@Sankei_news 中国からの旅客が持ち込んだソーセージに、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認したと発表した。
@nhk_news 持ち込む奴がいるからな。
そもそも来日時に何故、生きたウイルスが含まれた食品を持参するの?ウイルス混入を知らないで持ち込むの?空腹時、自分で食べるため?どなたかへのお土産?混入を知っているなら、何故知った上でわざわざ持参するの?バイオテロ?
今更というか、遅すぎというか…。

感染力あるウイルス確認。 アフリカ豚コレラ。
@bluesayuri 生きたウイルスがいた豚肉のソーセージは今年1月12日に
中部空港に持ち込まれ25日にウイルスを確認した。
上海と青島を出発した航空機で来た中国人とみられる2人が それぞれ持ち込んだ。
2人に直接の関係はなく、土産用として持ち込んだとみられる。

とうとう日本も😱
いやいや、即、罰しろよ!防疫は待ったなしだろ。いま現在、農家があんなに苦しんでいるというのに!危機感解かないのか???
🔴これが、アフリカ豚コレラの中国のソーセージ、なんだか生みたい
家畜伝染病予防法では、違法な畜産物の持ち込みは100万円以下の罰金か3年以下の懲役となっている
うわー、規則無償の迷惑な奴ら、テロに等しい、
時間の問題か?なんとか日本に入り込見ますせん様に祈ります。
中国と韓国・・・簡単に入ってこれるのがいけない、もっと厳しく。できれば来ないで。
愛知県や岐阜県で豚コレラの被害が止まらない。原因を野生のイノシシと疑っているようだが、別の線を考えた方がいいのではないか?
もはやテロでは?

>>
何より重要なのは、”中国人が”というところ。
中国からの持ち込み荷物をしっかりと検査した方がいいと思います。初犯でも罰金を課す様にしないと中国人は持ち込みを止めないと思います。
細菌を、日本国内に運び込む中国三千年の国民と中国に頭が上がらない王朝時代からの韓国!
日本は、中国、韓国からの入国に於いては全て検疫する事を臨む!
出来れば入国拒否したいのだか!
それでは、器が小さい考え方なので、最低限の検疫でウイルス対策をしょう!
持ち込むな‼️
こういうもの持ち込もうとした奴は入国拒否でそのまま送り返せばいいと思うよ
中部国際空港で発見!
愛知でのコレラ騒動‼️
大丈夫なのだろうか?
だから外国人観光客の目先の金に依存するような経済じゃ自滅する危機が隣り合わせだっての
いい加減直視せえや!##
←日本もオーストラリアみたいに肉持ち込みは没収と共に50万以下の罰金課せば良いと思う。 …つか飛行機乗る前に手荷物検査の段階で没収しとけ!
加熱処理していない商品みたいですが、加工品から検出されたのか、怖いなぁ。
けど、空港で引っかかって発見されたってことは、現在持ち込み禁止扱いにはなってるってことなのかな?
以前、入管の特集で水際での検査や取り締まりをやっていて結構大変そうだった。
刑罰云々もだけど、入国時に発見って事は既に出国時に所持し航空機内に入ってるという事。
各国の周知や連携が重要なんだろうな。
中国人の生物テロです
中国人が持ち込んだソーセージから豚コレラ出たニュース過去数回聞いているけど、海外旅行にソーセージを持参するのが普通なのか中国人は。サラミソーセージかと思いきや生だって言うし。
外国人観光客、もういいでしょう。


@Sankei_news
他にも既に国内に持ち込まれている可能性も?中国と言えば酷い映像出回ってたんだけど、日本じゃ放映しないね →
だから甘く見られているんだな。|
『家畜伝染病予防法では、違法な畜産物の持ち込みは100万円以下の罰金か3年以下の懲役となっているが、これまでは罰則を適用するのは違法に持ち込み販売するなど悪質な事例に限っていた。』
お土産かなんか知らんけど、そういうの持ち込まないでくれよ!チェック体制の厳格化をよろしくお願いします。
対応が甘い。国を守る上で防疫に徹して厳しい対応と処分を。外国人となると、即座テロと認定してもいい事例だ。
持ち込みを繰り返した場合に対策を考える?アホか?これを養豚場にばら撒いただけで、その県の畜肉出荷がすべて止まるリスクをはらんでいるのに?
鹿児島県や茨城県なら1,000億円近い損失になる「経済テロ」ですが。
農林水産省は2日

中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージ

アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認したと発表

感染力のあるウイルスの持ち込みが分かったのは初めて

家畜伝染病予防法に基づく告発など対応を強化する方針
恐いです。中国人が持ち込んだソーセージから発見されたようですね。実際には水際で防げて無い事が多いのでは無いのでしょうか。入国させてはいけないあの国の人達
病原体を、持ち込みすぎだよ(-_-;)
生物テロかよ
性病とか
今年1月 セントレア中部国際空港
"違法な畜産物の持ち込みは100万円以下の罰金か3年以下の懲役となっている。ただ、これまでは罰則を適用するのは違法に持ち込み販売するなど悪質な事例に限っていた"
対象違法物は販売に限らず禁止に!
あれだけ騒ぎになったのに、それを知らずにわざわざ海外旅行に持っていくだろうか?
これは危ないところだった…。
アフリカ豚コレラ感染のソーセージ上陸


チャイナ出国の荷物検査、厳しくなったんじゃないの?つうかこれ食ってる中国人はウイルス持ちでしょ?入国禁止で良いよ。ルール守れない中国人は来なくて良い
これって、
中国全土で、感染豚が駆除されずに、
平然と食品として取り扱われている事ですよね、
その事実の方がよっぽど恐ろしいよ。
中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージ>とんだバイオテロ未遂
中国人、アフリカ豚コレラを持ち込む

生きたウイルスがいた豚肉のソーセージは今年1月12日に中部空港に持ち込まれ、
25日にウイルスを確認
上海と青島を出発した航空機で来た中国人とみられる2人がそれぞれ持ち込んだ


中国人
そのソーセージをいつも食べてるのかな?
豚コレラのこと、中国国内じゃ報じてないんか?
もっとも、知っててもお構いなしに持込むだろうな。オーストラリアの空港税関のTV見てりゃわかるわ。
"中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージに、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認"
生きてるだとう??
3月の講演でお話した様に、全てお隣さんからの影響となる仕掛けですね。

今後はとくに身体に気を付ける様にも話しましたね。

マインドコントロールについて今週末詳しくお話します。
怖い やめて
中国人が土産用として日本国内に持ち込んだのが原因、肉類は検疫をするが個人と成ると税関をスルーする事も有るので注意喚起が必要です。
上海と青島を出発した航空機で来た中国人とみられる2人がそれぞれ持ち込んだ。
輸入、持込み禁止にしてないのか?
中国からアフリカ豚コレラ⇒ 生きたウイルスがいた豚肉のソーセージは今年1月12日に中部空港に持ち込まれ、25日にウイルスを確認したそうです。中国産食品の安全が不安になります。。
中国と韓国は、
バイオテロ…
チャイナからの食べ物よ持ち込みは厳正な検査が必要だ。
コレラ菌持ち込みテロだ! アフリカ豚コレラ感染のソーセージ上陸
海外からの日本への持ち込み禁止物
きちんとブロックしないとねぇ
← 生きたままと言う事は生で持ち込もうとしたという事? もうバイオテロですね。
2019年4月2日🐶冨謝

上海を出発した航空機で来た中国人とみられる2人がそれぞれ持ち込んだ二つのソーセージに、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認した。感染力のあるウイルスの持ち込みが分かった。

🐶やめて下さい!そこの中国人の方
日本を壊すつもりですか!?
( °Д°) に感染したソーセージを食べても、人間には絶対感染しない。
しかし、ブタやイノシシは感染してしまい、果ては殺処分だ。
中国からの豚コレラ持ち込みを水際で防ぐには、より強力な規制が必要だ。
“これまでは罰則を適用するのは違法に持ち込み販売するなど悪質な事例に限っていた。今後は違反事例を集約し、持ち込みを繰り返した場合は告発するなど対応を強化する” / “ - 産経ニュース”
写真2枚。
自家製ぽい。🙄
こんなのをチャイナの人は食べちゃうの?見つからずに入国した人もいたかもね?
梅毒感染増加といい…ここの国は…
これが普通に流通してる国では大丈夫なのか?耐性強過ぎだろ…
中国人のモラル、倫理観、常識のなさは今に始まった事ではないけど、
これは流石にテロだろよ。
中国からの客が持ち込んでいます!来日中国人に要注意!
何故こういう物を持ち込むのだろう
頓着なさすぎる
頼むわ
農林水産省は2日、中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージに、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認したと発表した。感染力のあるウイルスの持ち込みが分かったのは初めて
外からのバイオテロに過ぎない。
よく見つけたな…
中国からの旅客が持ち込んだソーセージから
中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージ
アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認!!!

テロやないん?
農林水産省は2日、中国からの旅客が持ち込んだ二つのソーセージに、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認したと発表した。感染力のあるウイルスの持ち込みが分かったのは初めて。
| 産経 - 2019/04/02 -
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR