TOP > エンタメ > 上映中断の映画「Fukushima50」、異例の動画配信 コロナ禍で決断 - 産経ニュース

上映中断の映画「Fukushima50」、異例の動画配信 コロナ禍で決断 - 産経ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大で、映画館での上映が中断された「Fukushima50(フクシマフィフティ)」(若松節朗(せつろう)監督)が、インターネットの動画配…...

ツイッターのコメント(23)

「映画界からは反対の声が強かったのですが、映画製作者には製作費の出資企業に対するビジネス上の責任があります」

これは映画業界に一石を投ずる出来事だった。いろんなハレーションを起こしてそうだけども
…。これ追随する動きを見せる会社がいるのか。それとも、、、
DVDやレンタルはいつから?
16日夜に決断し、翌17日からはアマゾン・プライム・ビデオなど複数のサービスで有料の配信を始めた。料金は、劇場のチケット代と同じ1900円で、「事態の収束まで」という期限を設けた>
いろんな考えがあるのは知ってる。 でも、俺はいい映画だったと思う。多くの人に見てもらいたいな。
これは気になります。
“映画界からは反対の声が強かったのですが、映画製作者には製作費の出資企業に対するビジネス上の責任があります。「映画館が休止したので回収できない」でいいのか。いや企業としてできる限りのことをするのがビジネスでは大事だというのが、今回の配信の基本的な考え方です”
まさに災害中と言ってもいい今、この映画は一服の清涼剤。菅総理よかったね、初めて国民の役に立ったやん。
ターゲット60代〜70代の映画
レンタル1900円

シニア割引で映画1100円とかなんだけど、この価格設定でどれくらい視聴されるのか興味ある。

:
最近YouTubeでCM流れてるけどやはりCOVID-19でまともに上映出来なかった分ネット配信という方向になってたのね。
この映画、今だからこそ見て欲しいです。
政府の対応、そして、現場の方々の必死さ、真剣さ、命がけの行動。
見てると苦しくなる映画だけど、日本人は知らないとダメだとおもいましす
#虎8
映画や小説は赤い嘘ではなく、白い嘘を楽しむものです。
でも、この監督、白い嘘も極力排する映画創りをしています。
武漢肺炎のこの時期、現場の人間を知りましょう
見ようかと思ったけど、やめた。イオンシネマなら1000円で見れるからなあ。
1900円で配信されてたのか。これは知らなかった /
「前売り券を購入したのに映画館に行けないという声」「観客が劇場に来なかった」「ビジネス上の責任」などから配信に踏み切った 一方で映画界からの反対の声は強く、課題も多い
当時の現場の方々の決死の努力が伝わった。と同時に本店及び無能最高責任者に対する怒りが蘇る。(それを演じた役者には敬意を表します)涙と怒りが同居する不思議な作品。
"公開初日から約1カ月での配信など異例中の異例だ"
@Sankei_news
映画館なみの料金だけどすごくいい試みだと思う
感動作です。

素晴らしい決断ですね。
#Fukushima50
#動画配信
緊急事態とはいえ大作映画が劇場公開から1カ月で配信されるのは異例。チーフプロデューサーは「課題はありますが観客のみなさんや出資企業など“お客さまファースト”で配信に踏み切りました」。
感動した
これは観ないと!
以上
 

いま話題のニュース

PR