TOP > エンタメ > 三島由紀夫1人対1000人 全共闘“伝説の討論会”がよみがえる(1/2ページ) - 産経ニュース

三島由紀夫1人対1000人 全共闘“伝説の討論会”がよみがえる(1/2ページ) - 産経ニュース

文豪、三島由紀夫が昭和45年に陸上自衛隊市ケ谷駐屯地で割腹自決してから50年。その前年、東京大学駒場キャンパスで行われた三島と東大全学共闘会議(全共闘)の学生ら…...

ツイッターのコメント(13)

映画見たい気もするがちょっとイライラしそう!討論していた若者たちがその後どのような道を歩み、今何をしているか興味がある。「 」
これは面白いらしい。
機会があったら観てみたいな
»  全共闘“伝説の討論会”がよみがえる(1/2ページ) - 産経ニュース
『全共闘のゲバルト派は大半が逮捕中。残る書斎派では、三島氏にたちうちできませんよ』
どうして今更?
Youtubeに動画たくさん転がっているのに。
商売になんのかね。
昔々、16の時日米合作、緒方健主演の三島由紀夫の映画を見ました!日本未公開の筈です。
レンタルビデオで。
市ヶ谷駐屯地に向かう、車内で楯の会メンバーと獅子牡丹を歌うシーンをよく覚えてます!
ココに参加した東大生が,今のダメな老人階層を形成したんだなぁと,再認識,,・・・・
この記事に触れて、既視感が残る野に立った。
留置所のクリヤボードの向こうで「お前の気持ちはよく分かる」と泣いたお袋。
国民と言う概念は無かったが、「人々」は強くあった。
三島氏は、同じ極の方だと思っている。残滓だけでも50年も生きられたのにと思う。
@Sankei_news
真の愛国者三島由紀夫と、「インテリ」左翼活動家気取りの連中とじゃ、勝負に成らんだろう(笑)
三島にしてみれば、可愛がってやっただけだろ!
YouTubeに当時の映像の一部があるが、言葉が難しくてよくわからない。やはり頭の良い人たちは違うなと思う。ただ、分からなくてもこの討論会は最後まで見てみたい。
ン~ン~・・こんな事あったョなァ~~

アレは16の春・・
翌年の市谷駐屯地割腹事件の後、貪るように三島作品読んだっけ・・
この記録映画は某バラエティ番組で一部紹介されていて興味をもちましたね!映画館で鑑賞するより、自室で「伝説の討論会」をじっくり観てみたい感じがしました。
以上
 

いま話題のニュース

PR