TOP > 政治・経済 > ナボナの亀屋万年堂を買収 山梨のシャトレーゼ - 産経ニュース

ナボナの亀屋万年堂を買収 山梨のシャトレーゼ - 産経ニュース

106コメント 2021-01-25 11:00  産経ニュース

菓子製造販売のシャトレーゼホールディングス(甲府市)は25日、「ナボナ」で知られる老舗菓子店の亀屋万年堂(東京都目黒区)と生産子会社の亀屋万年堂製菓(同)の全株…

ツイッターのコメント(106)

ナボナってなんや?ฅ(^•ω•^)ฅ
「ナボナはお菓子のホームラン王です」
シャトレーゼに買収されても変わらないでほしいな。
フランチャイズ化!いつでもナボナが食べられる日が来るのか。
「ナボナはお菓子のホームラン王です」

創業家から経営が離れても、従業員の雇用が守られるならいい買収かなあ。
ちょっとびっくり
おお。
ナボナ無くなっちゃうのかなぁ。
でも今の若い人、ナボナって言っても分からん気がする。
盆と正月とクリスマスが一緒に来るね。
ほぉ…

(産経ニュース)
「ナボナはお菓子のホームラン王です」ってフレーズの意味するところがわからなかった東海民です。
自由が丘くんだりまで繰り出さなくてもナボナが買える、というので我が家の直近にシャトレーゼがある足立区民歓喜
ブランドと製品は残りそう?
ペーペーだった関東時代は、目黒の実家に帰ります言うと土産に買って来い言われたり。
全国区では無いってことはないだろうけど、より知名度が上がる?
-

お菓子のホームラン王のナボナは、名前だけ知ってる。でも、亀屋万年堂って、缶入りの甲羅せんべいの所じゃないか? そっちのイメージの方が強いんだけど
ちょうど昨日、アイスを買い出しに行ってきたばかり!!
てか、お煎餅も売るわ、お団子も売るわ、シャトレーゼはどこに向かってるんだ?🙄笑
おおお…時代か…まあナボナや亀屋万年堂の看板がなくなるわけでは無いし、むしろシャトレーゼのお菓子が充実したりナボナの販路が広がったり…とポジティブな感じ?🙂
お土産需要が減ってるやろなあ。
なんだろう・・・
「知らない」のと名前の「イメージ」から
「シャトレーゼホールディングス」がすごく悪者に思えて仕方がないσ(^_^;)
悪者に思えて仕方がないからスルーできずに触れてしまう(^^

シャトレーゼホールディングス(甲府市)、「ナボナ」で知られる老舗菓子店の亀屋万年堂を買収
昔から東急系列の車内に、看板商品「ナボナ」の広告が季節ごとに打ち出されており、沿線の人なら誰もが一度は目にして知っている「亀屋万年堂」

経営が変われど「ナボナ」は、ずっと大好きなお菓子です♬

ナボナの亀屋万年堂を買収:
子供の時、タクシーに足踏まれて病院行ったら運転手さんがナボナ持って謝りに来てくれた。軽い捻挫だったけどその運転手さんが定年退職するまでの数年間、お中元やお歳暮にナボナを贈ってくれた。
マジかー
引地君に連絡してみるか…
…しづらいな
うちの近所のヨークフーズに入ってるの、シャトレーゼだったかな。新聞によく折り込みが入ってる。
シャトレーゼはアイスのホームラン王です…
マジか!?最近シャトレーゼ好きだけど、ここまで勢いがあるのか。
国松さん、最近まで社長や顧問を歴任されていたんだ。
びっくり!
ナボナは全国区になるのかな〜?
亀屋万年堂って巨人OBが経営してたんだ。じゃなきゃ昔から王さんをCMになんか使えないよね。
シャトレーゼでナボナが買えるようになるかな?
これは…さすがノリノリの地元企業!!!( ゚д゚)ハッ!!!!景気の良さが違う( ˘-˘ )
シャトレーゼホールディングス⁉︎
これも弱肉強食、なのか。。。
シャトレーゼ、ホームランですね。
ナボナ大好きです。シャトレーゼも大好きです。マーケティングに期待。
asnmの事よりこっちのが驚きだわ。
マジか 見てる:
シャトレーゼって
アイスも洋菓子も和菓子も
ワインも美味しい♫
「シャトレーゼ、亀屋万年堂を買収」というより「亀屋万年堂、シャトレーゼに身売り」のほうが、野球ファンにはしっくり来る。でも、ナボナはナボナに変わりはないからね。「ナボナ、福岡・明月堂に移籍」となれば話は一層プロ野球っぽくなるけど。
懐かしのナボナ。亀屋万年堂の本店は自由が丘です。
と言うことはシャトレーゼでナボナが買える?
ちょっとビックリ😳
シャトレーゼでナボナが買えるようになるのかな?😋
コメントでさかえ屋も買収されてた事を知る……。
シャトレーゼにナボナ置いてほしい
梨恵夢と一緒に買う
お菓子のホームラン王もとうとう大手チェーンに買収されてしまうのか😱
山梨の ナボナの を買収、子会社に
亀屋万年堂は昭和13年に自由が丘で創業、38年に発売したナボナは、プロ野球・巨人の 氏の「ナボナはお菓子のホームラン王です」のテレビCMで人気を高めた。
もっと見る (残り約56件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR