TOP > 社会 > 産経ニュース > WTO逆転敗訴 ...

WTO逆転敗訴 日本、楽観が暗転 上級委が1審手続きを問題視(1/3ページ) - 産経ニュース

13コメント 登録日時:2019-04-12 23:31 | 産経ニュースキャッシュ

日本は水産物禁輸をめぐる韓国との争いで逆転敗訴した。日本の主張は昨年、1審の世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会(パネル)で認められており、最終審に当たる上級…...

Twitterのコメント(13)

よくないよなぁ
「WTOのお墨付きを得て、日本産食品の安全性を世界に訴える好機にしようとした政府にとっては想定外の判断」とのことですが、その目論見が甘かった気がしますね。
いつも利用している日本のネットスーパー(おいし...
だから人に頼らず輸入禁止されたら報復でこちらも輸入禁止すればよいしそのほうが解決も早い。韓国食品が不衛生なのはよく知られている。
一審勝利の後、勝って兜の緒を締めなかったんだね。勝てる武器満載で、相手も負けると思っていたくらいなのに。
今後一切、韓国製品は口にしないことを誓う‼️
くだらない敗戦分析なんかしている暇があったら早く報復せよ!!その方が早く解決すると思うw
手続き何も、科学的根拠を無視して心情的に嫌だ不安だという事で規制する事が正当化されてしまえば、最早気に入らないものに対しては何でもありになるのでは。
- 産経ニュース

国内消費盛り上げるか他国に買ってもらって取引きしなくてよいやん。
韓国も日本のEEZ内でいっさい操業せんとけばいのに。
原発事故に伴う輸入規制を継続している23カ国・地域を図示した資料も存在し有益。
今後これらの国・地域と議論する際、上級委員会報告が精緻化したSPS協定の解釈、三要素が重要。
「達成可能なより低い被曝水準の設定という要素」とか「土壌など周辺環境も含め将来にわたって改善すべきとの韓国の主張」をよく検討してないとはどういう意味?
数字じゃなく、何かふわっとした不安でも規制は妥当ということ?

安全と安心は違うと言ってた知事を思い出す。
これを奇貨として、キムチや韓国のりの輸入を禁止しましょう。
大腸菌の発生など、いくつかの理由は作れます。

その方がいちいち生産地を気にして、商品の裏を見たりする必要がなくなり、 安心して買い物ができるでしょ。
捕鯨国際裁判に続いてWTOでまたまた敗北の日本。

これは日本に対する国際社会の眼差しが厳しくなっていることの反映かもしれないな。

検察の暴走、死刑存置などの人権侵害事案に対する国連勧告を受け入れるどころか、どんどんひどくなる一方なのだから。
放射性数値は韓国の基準をクリアしているのにこの結果、全く腑に落ちない。
( ˘ •ω• ˘ )
ドミノ式に他国にも輸入禁止が広がらなければいいけれど。
WTO嫌いだー!😠
以上

記事本文: WTO逆転敗訴 日本、楽観が暗転 上級委が1審手続きを問題視(1/3ページ) - 産経ニュース

関連記事