TOP > 社会 > 総務省、大規模通信障害で「警告システム」義務化の法令改正 大量送信を感知(1/2ページ) - 産経ニュース

総務省、大規模通信障害で「警告システム」義務化の法令改正 大量送信を感知(1/2ページ) - 産経ニュース

14コメント 2018-09-30 22:37  産経ニュース

昨年8月の米グーグルによる大規模通信障害の発生を受け、総務省が再発防止に向けて、関係法令を年内にも改正する方針を固めたことが30日、分かった。通信障害の背景に、…

ツイッターのコメント(14)

@fetus_hina 前回 Google がやらかした時も怒ったのは総務省でしたね。
通信できなくなった被害者に検知システムの義務を負わせるのは間違い。被害者は通信できなくなるだけで、それが何故か分からない。被害に会ってない第三者が検知して別経路で知らせるしかない / “総務省、大規模通信障害で「警告システム」義…”
「障害の未然防止については、(中略)システムを導入したり、複数人によるチェック体制を徹底したりするよう義務づける。」
システム導入はいいとして、チェック体制とか…馬鹿なの(´・ω・`)
ふむ?🤔 / “ 大量送信を感知(1/2ページ) - 産経ニュース”
大量送信 - 産経新聞 (10/01 00:30) サービスのほか、フリーマーケットアプリ「メルカリ」や無料通信アプリ「LINE(ライン)」なども一時…
総務省がまたわけのわからないことを言ってる…。BGPの経路情報を人手で確認しろと? //
情報提供用に専用線のホットライン作れよ。。
「総務省は電気通信事業者に対し、障害の日時や影響などを把握した範囲で迅速に情報提供するよう求めるガイドラインの策定を事業者団体に要請する。情報提供の手段も電話やファクス、手書きなどを問わず緊急性を重視する」
大量送信を感知(2/2ページ) - 産経ニュース

オカネ下さい
…はあ?何考えてんの総務省。
「障害の未然防止については、今後も経路情報が誤って大量送信されることを想定し、送信側に情報が人為的なミスで送信されたものかどうかを判別するシステムを導入したり、複数人によるチェック体制を徹底したりするよう義務づける。」
『また発生後の措置としては、ネット上の通信のやり取りが異常に増えた場合、受信側に自動警告システムや、不要情報を受け取らないシステムを設けることを義務づける』

仕様書は総務省が書く?
BGPの話か
BGPの経路広報ミスを...
複数人によるチェック体制を徹底したりするよう義務づける
電話やファクス、手書きなどを問わず



日本だ......
Googleを注意してまたやったら日本から追い出せばいいじゃんw
みんななにもできなくなるけど(笑)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR