TOP > 社会 > 産経ニュース > 【主張】徴用工判...

【主張】徴用工判決 暴挙止める対抗措置急げ - 産経ニュース

20コメント 登録日時:2018-11-30 05:17 | 産経ニュースキャッシュ

いわゆる徴用工訴訟で、また日本企業に損害賠償を命じる判決が確定した。韓国最高裁は先月末の新日鉄住金(旧新日本製鉄)に続き、三菱重工業の上告を退けた。繰り返すまで…...

Twitterのコメント(20)

韓国の二重請求、かつ、国際条約違反に対し、日本政府は厳しく韓国政府の責任を追求するべきです。歴史認識を法的解釈において糺し、未来志向が出来ないなら、日韓関係は水泡に帰する。
国際司法裁判所提訴など補完的処置に過ぎず。
経済制裁、ビザ発給停止など実効的打撃処置が必要。

➤➤
日本政府は遺憾の意を表明して韓国政府n。先に実効性のある対抗策を打ち出せ。
安倍首相も菅官房長官も本音ではキ○ガイ歴史捏造、ベトナム戦時の極悪非道スッとぼけのアホ国家国民と思っているのでは。
賛成である。
>「国際裁判や対抗措置を視野に入れ、毅然(きぜん)とした対応を取る」と述べた。その通り、実効性ある対抗手段の検討に入るべきだ。

ただちらつかせるだけでは終わらないように。
- 産経新聞

日本政府には国民の生命、財産を守る責務がある。賠償命令が続き資産が差し押さえられる懸念の中で、韓国の不法を国際社会に訴え、邦人や企業を守るあらゆる手立てをためらうべきではない。
<<  韓国政府は聞く耳を持っていないとは言え、あらゆる手を尽くして何とかしないとダメなのは言うまでもないな。>>
国交がある全ての国に、事実関係を広報し、韓国がいかに国際法を守らない国家ごっこのトウシロ集団であるかを暴露すべきだ。ついでに、ライダイハンやコピーノの問題も拡散せよ。それが外交だ。やってくれ 男 ◆
証言以外の証拠資料は何を基に判決が下されたのか
未だに解りませんが・・・!
断じて受け入れられない、遺憾などと言うだけで何もしない軟弱な姿勢にうんざり。中韓面に堕ちた反日野党どもは連中の同類で信用できない。日本人の生命、財産を守るべく、今すぐ対抗処置を実行すべきである。検討なんぞ一日でやるべきことだ。
菅義偉官房長官は「断じて受け入れられない」と、韓国側の国際法違反を批判した。適切な措置が講じられない場合、「国際裁判や対抗措置を視野に入れ、毅然とした対応を取る」…表面と中身の不一致はダメ!
抗議は良いが、言葉だけではだめ、ノービザ廃止などの、具体的な行動を行わないと効果はない。徐々に避韓を実施すべきである。
増長する韓国への対抗措置に賛成だが、忘れてならないのは、歴史問題は、日本が根拠無く謝罪し続けてきた結果だということだ。日韓合意で再び謝罪し、徴用工も「意思に反して動員」とした。竹島への取り組みも軟弱だ。改めて安倍政権に河野談話、日韓合意の破棄を求める。
空いた口が塞がらない馬鹿な韓国には、もうせいぜい諦めの雰囲気が充満しそうだが、それではやられてしまう。
徹底的に強烈な対抗手段を講じないと、甘ったれを甘やかす事に。
どう考えても、文氏自身が韓国を壊しにかかっているとしか思えない。日韓、米韓の分断が進め、韓国が孤立化すれば、北朝鮮指導で統一しやすくなるではないか。
文政権の本音は司法への干渉で日本を貶めることにある。その証拠が最高裁長官は文氏に抜擢された人物である。これから下級審で多くの裁判が控えている。何らかの強力な対抗策が必要。
『実効性ある対抗手段を。邦人や企業を守るあらゆる手立てをためらうべきではない。』
日本政府は、出稼ぎ労働者(徴用工)訴訟に断固たる対抗措置を、国際条約の理論が通らない韓国ででなく、全世界へ国際裁判で発信するべきだ!。
日本政府には国民の生命、財産を守る責務がある。賠償命令が続き資産が差し押さえられる懸念の中で、韓国の不法を国際社会に訴え、邦人や企業を守るあらゆる手立てをためらうべきではない。
以上

記事本文: 【主張】徴用工判決 暴挙止める対抗措置急げ - 産経ニュース

関連記事