〝ロックな能楽師〟描く映画「犬王」がロングラン人気 アニメで室町がアツイ - 産経ニュース

12コメント 2022-07-22 14:03|産経ニュース

ツイッターのコメント(12)

アニメで室町がアツイ(産経新聞7/22) 「室町時代に実在した能楽師、犬王(=道阿弥、生年不詳~1413年)を描くアニメ映画が、公開から1カ月半を経ても、口コミとリピーター人気…22日現在、全国で観客動員は21万人を」
あっそうか犬王もうロングラン上映になるのね副音声上映行きたかったなー⇒★
「アツイ」
のはともかく、二人の主人公が時の権力に屈する(そのうち一人は河原で…(嗚咽))姿までもきっちり描いたのも、皆が応援する一因かも。

- 産経ニュース
“犬王人気は主にSNS上の口コミで評判が拡散。アツく魅力を語り、作品にちなんだアート作品を投稿する人が日に日に増え…新作映画ツイート数ランキングでも、話題作や大作を抑え、1位を記録”
室町時代に実在した能楽師、犬王を描くアニメ映画が、公開から1カ月半を経ても、口コミとリピーター人気でロングランが続いている。
地味な題材にも関わらず、なぜ「犬王」がアツイのか。
いい流れ出てるようでうれしいですね!他では味わえない盛り上がりがありますよ!
映画「犬王」のパンフレット、なんだか人気で売り切れのようですが、とても読み応えありますよ。私、赤ペン持って線引きながら読んじゃった。
以下の「犬王」の新聞記事、私も取材いただき、ちょっとコメントしております〜。
昨日のスペースでも最後、思わず作品について語ってしまいましたが、記事も書きました。、もう一回見たい!です。
以上
 
PR
PR