【施行から75年 憲法改正を問う】河野克俊元統合幕僚長 自衛隊違憲論も合憲論も破綻 - 産経ニュース

22コメント 2022-05-14 21:58|産経ニュース

ツイッターのコメント(22)

国防を担う組織に違憲論がある国家は正常ではない
戦後繰り返してきた欺瞞の上塗りに終止符を。
“軍国化”などと感情的に煽る左派の野党やメディアや活動家らと、それをかわすことに拘泥しがちな与党や政権のせいで、国民は日本の厳しい安保環境の認識が欠落してきた。
守るべきは憲法でも理念でもなく、国民や領土。
河野元幕僚長が憲法での自衛隊が国防軍として明記されていない事に対し、全くこれを議論せず国民に認識されているからと放置するのは問題であるとの発言。
全く憲法改正

- 産経ニュース
自衛隊を国防軍にしてあげなくては、憲法改正議論が盛り上がらない。
分厚い『まあいいんじゃない保守』、改憲を党是とする自民党内に大勢いるから、議論が進まないという指摘も納得。
在日米軍駐留以降に発生した韓国&北朝鮮による国際法違反(拉致侵略、竹島侵略、核保有)は国際社会に対する脅威だ。

日本は習近平国家主席国賓招聘と日露平和条約締結を実施し、中露と共同安保体制を構築し、再軍備し独自核武装し、大詔を奉じ朝鮮半島問題を解決する。🇯🇵🙂🇯🇵
自衛隊違憲論も合憲論も破綻していると河野克俊元統合幕僚長。それでも国会で9条改正議論が盛り上がらない事に「問題は立憲や共産でなく“自衛隊は既に国民に認められているから”と考える“まあいいんじゃないか保守”。自民にそういう人が多いから議論が進まない」と。仰る通り
いつまでも禅問答がまかり通る憲法がいいとは誰も思ってはいないにもかかわらず、これまで主張し続けてきたイデオロギーや論争に縛られ身動きできなくなっている関係方面の有り様はとても滑稽であり、自衛隊にとっては迷惑な話だと思います。普通の国になりたいものです。
元とはいえ、制服組トップが
「自衛のための必要最小限度の実力」ではないと認めた上で、戦力として
認めて改憲をしろと述べている。
 とても危険な感じがする。
「『まあいいんじゃない保守』だ。改憲を党是とする自民党内にそういう人が大勢いる」

まぁ親中議員もいっぱいだし
親中マスゴミ、コメンテーターもいっぱい
必要悪に係る十分性の議論
所謂装備の内実とその額面w

ならまだしも、

共産党的議論からとうに法理・ロジカルの問題でないことは一定のインテリジェンスの下では明白とあり、
特措法がなきゃ何もできないのでは、戦闘する組織になってない。
>「国防を担う組織に違憲論がある国家は正常ではない」

この異常さはどうだ?ウクライナ侵攻があっても目が覚めない。いざとなったら🇺🇸が助けてくれる?🇺🇦と同じく支援だけだ
自民党員と国会議員は河野さんのこの記事を1000回読んで暗記した方がいい。
自衛隊のトップであった人の言葉は重い。
まあいいんじゃないか保守。
重い。
野党側は以前は憲法解釈で逃げるべきではないと言ってたのに、今は憲法解釈出来るから憲法改正の必要はない!と、言ってるんだから矛盾だらけよね。
>国防を担う組織に違憲論がある国家は正常ではない。まず第一歩として(他党の賛同を得やすい)自衛隊明記を行い、自衛隊は合憲か違憲かという不毛な議論から卒業することには賛成する
まあいいんじゃない保守 上手いこと言う。まさにその通り。敵基地攻撃とか馬鹿な論議に終止符打つためにも自衛隊を軍隊として規定する条文が必要。出来ることで無く国際法上やっていけないことを明記する法律で防衛戦を何ら制限なく出来る規定が必要。現政権にできますか?
ガラガラポン。
本日14日、産経新聞より【 】との報道がありました!∠( ̄へ ̄)
なぜ憲法を改正することに躊躇するのか?70年以上前に素人集団が急ごしらえした憲法など現状に合わなくなってくるのは必然。冷戦当時はソ連を睨んでおけば良かったが、今はそれに加え中国、北朝鮮も脅威となった。侵略されたときに戦争ができない憲法だと困らないか?
国会議員は、自分たちのことだとサッサと決めるくせに、大事な国防のことでは動こうとしない。
以上
 
PR
PR