オミクロン株「インフルに近付いた」 専門家指摘、特徴は  - 産経ニュース

想定を超えるペースで感染急拡大が続く新型コロナウイルスのオミクロン株。感染者や濃厚接触者の隔離により、社会経済機能への深刻な影響も懸念される事態になってきた。従来株と比べて感染力は非常に強いが、重症化...

ツイッターのコメント(88)

インフルに近づいた説

まあインフルなら毎年罹ってますがな
オミクロンの感染力はインフルの60倍とかでしたっけ?

どっちにしても罹りたくはないが、もうそろそろコロナ終わる予感しますね、オミクロンがピークアウトしたらパンデミックから解放されるかな💖
インフルエンザの症状と同じだからね
何を重要ととらえるかだけど、事実ベースに現実的なリスクと取るべき措置を考えるのは大事。
Saasビジネスに置き換えると、追加契約を増やそうと無闇に顧客に連絡すると、解約の連絡に繋がってしまう事もある。
これはいい兆しかもしれんね。とはいえ罹りたくはないが。。
やっと出た。
「症状の軽いオミクロン株に対して、デルタ株と同じ基準で対処することには無理がある」
「ウイルスが主に増える場所が肺から鼻の方に移り、肺炎を引き起こしにくくなった」
これまでと態勢を変えなきゃ。

・感染力は非常に強いが重症化リスクは低い

・ウイルスが増える場所が肺から鼻の方に移り、肺炎を引き起こしにくい

・今後感染拡大が各地で急速に進み、医療提供体制に影響を与える可能性

・デルタ株と同じ基準で対処することには無理がある
やっと言い出した。
オミクロン株の患者は「特に何もしなくても症状が出てから2日ほどで良くなっていく」といい、「(季節性)インフルエンザに近付いたという印象を受けている」と話した。
最後まで読むように。
タイトルだけ見て『やっぱり風邪と同じじゃん』は愚か者。
「医療現場での処置」と「感染予防対策」は別。
 
PR
PR