【アメリカを読む】米国覆うWTO懐疑論 「トロイの木馬」中国加入の20年 強権・習指導部が不信助長 - 産経ニュース

ツイッターのコメント(4)

スパイ天国日本だけじゃなく、グローバルに展開していたのがばれ始めた中国ペキンテルン
ソ連のやり方で日本は政官財がやられまくりだけど
白人様にもマネーやハニトラなどが効くと知ってしまってから、白人様のスパイもびっくりなほど世界を懐柔してたと
2001年に中国が世界貿易機関(WTO)に加盟して12月で20年。中国の自由化につながると期待した米国では今、加盟を後押しした当時の判断が誤りだったと悔悟する論調があふれている。中国の改革が停滞する一方、貿易を通じて国力を増し、米国に挑戦
米でWTO懐疑論
「トロイの木馬」
中国加入20年
中国を資本主義ルールの中に入れてはいけないと言う反省論。
現在の状態を見ると、間違いないと思う。

【アメリカを読む】米国覆うWTO懐疑論 「トロイの木馬」中国加入の20年 強権・習指導部が不信助長 - 産経ニュース
以上
 
PR
PR