生産性、OECDで過去最低23位 先進国では最下位 - 産経ニュース

ツイッターのコメント(4)

成長と分配?

確かに伸びしろはあるんだろうが…

- 産経ニュース
日本の1時間当たりの労働生産性は49・5ドル(購買力平価換算で約5086円)で、経済協力開発機構(OECD)加盟の38カ国中23位となり、データが取得可能な1970年以降、最も低い順位となった。
かつての日本は、技術大国と呼ばれて、その技術革新で、生産性、コスト、信頼性を世界に誇ったが、
工場を海外に移転し、技術者も海外に出し、金の亡者に成り、今や、見る影も無くなった、立ち返ってJAPAN Blandを
以上
 
PR
PR