自宅往診時に抗体カクテル療法 大阪府が全国初の試行 - 産経ニュース

大阪府は17日、新型コロナウイルスの重症化を防ぐ抗体カクテル療法に関し、政府が検討していた自宅療養者への往診での投与を府内で先行実施すると発表した。厚生労働省の協力を得て試行するモデル事業で、同日に大...

ツイッターのコメント(5)

〈全国初の事例は、府医師会の往診チームを構成する「葛西(かっさい)医院」(大阪市生野区)の医師らが、若年で重症化リスクがある軽症患者に点滴薬を投与した〉
現状の感染症法では初期治療の遅れで中重症化・死亡するケースが跡を絶たない爲に医師の診断で抗体カクテル療法が出來るのは良いと思ふ。ただ效く事は分ってゐても「抗体カクテル」といふ名称がイマイチ
>現在、外来患者への抗体カクテル療法はコロナ患者が入院している医療機関でのみ投与できるが、今回の試行で、入院患者のいない医療機関でも投与できるようにする。すでに1病院が手を挙げているという。
台風が近づくなかの往診、ありがとうございます🙇
以上
 
PR
PR