石炭が探るカーボンニュートラルへの道 トリプル複合発電、アンモニア混焼、CCS、CO2再利用…イノベーションの最前線[Sponsored] - 産経ニュース

石炭火力発電がカーボンニュートラル(温室効果ガス実質排出ゼロ)に挑んでいる。安価で埋蔵量の豊富な石炭は日本のエネルギー安定供給に長く貢献し、いまも発電量のうち約3割を担う重要電源。政府が2050年のカ...

ツイッターのコメント(11)

産経

2021/9/13 11:00
石炭ガス化複合発電など、CO2の大気中への放出を抑える技術は、今後も発展させて行くべき。

将来は再エネで100%供給云々と主張する政治家は愚か。
安価で埋蔵量の豊富な石炭は日本のエネルギー安定供給に長く貢献し、いまも発電量のうち約3割を担う重要電源。
日本に本気出させたお前らが悪いんだからね笑
これだけ集約的にCO2分離・回収・再利用のシステムが動いているなら、欧州の環境主義者を無視して石炭活用を続けない理由はどこにもないね。
»  トリプル複合発電、アンモニア混焼、CCS、CO2再利用…イノベーションの最前線[Sponsored] - 産経ニュース
空中元素固定装置の開発が望まれる喃。ハニーフラッシュ!
日本の強みである石炭火力を活用したカーボンニュートラルへのチャレンジ

Sankei NEWS
石炭火力こそカーボンニュートラルの本命
本文より
「全方位でイノベーションを加速」

産経ニュース: トリプル複合発電、アンモニア混焼、CCS、CO2再利用…イノベーションの最前線.
トリプル複合発電、アンモニア混焼、CCS、CO2再利用…イノベー... (産経新聞)
以上
 
PR
PR