【台湾有情】気がかりな自民党総裁候補 - 産経ニュース

11コメント 2021-09-10 07:45|産経ニュース

ツイッターのコメント(11)


◆親中派、中国に好意を抱く者はワルの中国と同様のワルの波動を持っているから共感を得るのである。親ヤクザ派あるいは悪共感派と言い換えた方がいいね!愛薄き者は独りよがりの為に無自覚のまま思考を歪められるんだよ!
▲特に気がかりなのは、河野太郎ワクチン担当相の対台湾政策。親中派…父の洋平氏が外相だった2001年、病気治療のため訪日を希望した李登輝元総統のビザ発給に猛反対したことは多くの人の記憶に新しいからだ

わかるわ~。私も嫌。
きがかりな「総裁候補」💥💢媚🇨🇳派の父親の影響が気がかりだと…イェイェ、本人も媚🇨🇳🇰🇷派ですから。。🤭😓💧🥵💦
台湾も高市さんなら安心みたいですね。
唯一この写真の方は信用されていないようですが。
特に気がかりなのは、河野太郎ワクチン担当相の対台湾政策。親中派として知られる父の洋平氏が外相だった2001年、病気治療のため訪日を希望した李登輝元総統のビザ発給に猛反対したことは多くの人の記憶に新しいからだ。
そりゃそうだ。だってチャイナ推薦の候補だからな!
少なくとも9月3日まではブルーリボンバッチつけていません。
台湾の心配は日本の心配

河野太郎ワクチン担当相の対台湾政策。親中派として知られる父の洋平氏が外相だった2001年、病気治療のため訪日を希望した李登輝元総統のビザ発給に猛反対したことは多くの人の記憶に新しいからだ
>台湾の与党、民主進歩党関係者は「次期首相の外交政策次第で台湾を取り巻く国際環境は大きく変化する」「河野氏が父の政策を継承していないことを祈るしかない」
河野さんは上に立てば危険な人だと思うのですが⁉️
ある意味オヤジより‼️

特に気がかりなのは、河野太郎ワクチン担当相の対台湾政策。親中派として知られる父の洋平氏が外相だった2001年、病気治療のため訪日を希望した李登輝元総統のビザ発給に猛反対したことは多く
あ〜これも河野議員に確認しないといけませんねぇ。

「親中派として知られる父の洋平氏が外相だった2001年、病気治療のため訪日を希望した李登輝元総統のビザ発給に猛反対した」
以上
 
PR
PR