消えゆく雑誌の中づり文化 ときに物議も 専門家「認知度低下のリスクも」 - 産経ニュース

日本を代表する総合週刊誌の「週刊文春」と「週刊新潮」が、電車内の中づり広告の終了を相次いで明らかにした。目を引くレイアウトで購買促進に一役買う一方、盛り込まれた表現自体が社会的議論の対象となる存在でも...

ツイッターのコメント(3)

清々しいニュース。
電車通学する小学生が目にしなくて済みます。

記事より「週刊文春」と「週刊新潮」が、電車内の中づり広告の終了を相次いで明らかにした
「「週刊文春」と「週刊新潮」が、電車内の中づり広告の終了を相次いで明らかにした」「盛り込まれた表現自体が社会的議論の対象となる存在でもあった」。/
以上
 
PR
PR