児童に勝手な朝鮮名 東大阪市立小の民族学級、保護者の明確な同意得ず - 産経ニュース

大阪府東大阪市の市立布施小学校の課外活動「民族学級」で、在籍する児童について日本国籍で日本人名を使って生活しているのに学校側が勝手に朝鮮名を付けて呼んでいたケースがあったことが19日、学校などへの取材...

ツイッターのコメント(281)

東大阪市 布施小学校 児童に勝手な朝鮮名をつけ呼んでいた 母語、母文化を忘れないようにする為
小学校からハングルを併用して通常小学校で反日?文化祭で朝鮮人と蹴る演目あったと…自分の子供をハングル文字や朝鮮読みされたら
嫌だ!
大阪に小中合わせて28校あるそうです。
無茶苦茶やの。
そして、朝鮮=挑戦?ではないですか。NHKで使用されている同音異義語が最近日本を通して感じられますか。数字の3の使い方は安全だと思いますか。私はそれ以来3という数字がナーバスになり嫌いになりました。これは一人の人の考えです。人権です。
産経新聞の元記事は、在日コリアンの置かれている状況を何もかもわかっているかのような居丈高な書き方で、怒りを覚えます。
この日本の新聞記事が、いかに矮小な歴史観・社会観しか持ち合わせていないか、シェアしたお話からもよくわかります、いまさらのことですが。
ルーツに誇りもつならそのルーツの国に帰ってはどうか?
子供は日本国籍で、日本名で生活している。そもそも朝鮮語読みする名前はない。

母親がルーツを子供に伝えていなかったにもかかわらず、学校で子供は朝鮮語の名前で呼ばれていた。
日本の税金で小学校に特定の人種の民族学級が有るのはおかしい。国際教育は大切だが、特定の民族を切り出して『民族教育』と言うのは辞めて欲しいものだ。留学すれば良いのでは?
公立校で民族学級が必要か疑問に思いますお。
学級運営の費用は税金ですおね?
東大阪市立布施小学校

自分が通っていた小学校の時も同じようなことがあった。

詳しくはリプ欄を見て下さい。
 
PR