【政治月旦】中国を非難できない国会の不思議(1/2ページ) - 産経ニュース

16日に閉会した通常国会で、焦点の一つだった中国の人権侵害などを非難する決議の採択が見送られた。自民党の保守系議員を中心に各党に賛同が広がり、かなり前から決議案…

ツイッターのコメント(36)

小沢一郎の10倍親中派の二階自民党を批判できない出家信者ネトウヨ。/【政治月旦】中国を非難できない国会の不思議 -
残念だが、これは仕方ないのかもしれないね。
日本と中国との関係を安泰させるために通らないのかもしれない。
日本の与野党はよくやったと言える。
この記事にある通り、公明党・創価学会は国会決議を出させない、また、「重要土地規制法」の文言に手を加えるほどに与党として影響力を発揮しています。
学会2世について報道させないなんて朝飯前なのでしょう。
【政治月旦】中国を非難できない国会の不思議 -
親中派の議員に票を入れる日本人て今時いるんかね
産経で久しぶりにまともな記事を見た
この件は見た目以上に深刻だ。日本の政権与党が、都議選という極めて局所的で矮小なイシューのために、全世界的な問題への対処を誤らせた事を明らかにし、日本と日本人に対する国際社会からの信頼性を大きく毀損した。大問題だ。
【政治月旦】中国を非難できない国会の不思議 -
 
産経がまともな事を言ってる…
中国を非難できない国会の不思議 酒井さんマトモなこと言ってるわら
中共の非人道的行為が確認できないとの認識はおかしい。与党内部の親中派勢力が多いことが露呈した。中共は日本や周辺国どころか世界覇権を狙いウイグル、チベット、香港、台湾への威圧行動を繰り返している。我が国の尖閣諸島への侵略行動も合わせてそうだ。政府へ抗議する
親中派の議員や公明党は、命よりもカネが大事なのだろう。
 
PR