TOP > 国際 > 中国でデータ安全法可決 日本企業などへの影響懸念 - 産経ニュース

中国でデータ安全法可決 日本企業などへの影響懸念 - 産経ニュース

20コメント 2021-06-10 21:58  産経ニュース

【北京=三塚聖平】中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は10日に北京で開いた会議で、国家安全の観点からデータの取得や保存を制限する「データセキ…

ツイッターのコメント(20)

スパイ活動し放題。
中国内に拠点がない海外の企業にも適用って。完全に「俺が世界の法律」状態。

>中国当局が法に基づいて行う調査への協力義務を明記したほか、中国に拠点を置いていない企業にも影響を及ぼす「域外適用」も設けた。
国外の企業でも中国の国家安全を損ねた場合には「責任を追及する」としており、日本など外国企業への影響が懸念される
曖昧な規定で罪刑法定主義を踏みにじる政策。

権利保護の仕組みがないから、法律は権力者の意のまま😎

グローバル企業は中国から脱出しないと、会社がなくなるリスク。

中国は決してアメリカに及ばない。

産経ニュース: 日本企業などへの影響懸念.
金の為に中国へと向かう日本企業は何が起きようとも自業自得。
中国の立法機関、全国人民代表大会の常務委員会は6/10に北京で開いた会議で、国家安全の観点からデータの取得や保存を制限する「データセキュリティ法」を可決。国外の企業でも中国の国家安全を損ねた場合には「責任を追及する」としており、外国企業への影響が懸念される。
中共に不利な事をすれば外国にある企業でも責任をって
外国にある企業を中共の法で裁くぞって事?
世界の支配者気取り、侵略者じゃん
太古より墓穴を掘るのが好きな中国人、これで完全に終わったね。爆草
怖いね
全ての情報を奪う
域外でも
中共は人類の敵
きわめて恣意的な運用となりそうだ。つまり、いつ言い掛かりをつけられるかわからない悪法
在中国海外企業に圧力
既にステラ、Appleなど土下座

可決、9月1日 施行

2021/6/10

10日 全人代常務委員会は国家安全の観点からデータの取得や保存を制限する「データセキュリティー法」を可決
これは、完全に、LINEを意識してのことだな
これ、問答無用で情報抜かれるって事。
いつもと同様だが、自分のデータは大した事ないから別にいいよって言うのが一番危ない。
完全に防げないがユーザーの意識で防げる部分は防ぐべきだろう。
中国に進んで投資してるアホな経営者はどうするんでしょうか。
他国でのデータは勝手に収集するくせに、自国のデータは安全保障という名目で取り締まろうとする。
日本も法整備と対応策を講じないと、一方的にやられるぞ。
このリスクを他山の石とする企業は、潜在的なスパイと見られても仕方がないでしょう。
補助金は出るし、早く中国から移転しないかなあ。
いじめは犯罪だからと、学校や相撲協会の自治を無視して警察の権力を行使してしまうと、中国のこのような言い分がまかり通ってしまうのですよ?

それでも良いのですか?
中国は法治国家ではない
ジェノサイド国家
人治国家、当事者として断言する。
甘いお菓子に惑わされないように
中国当局が法に基づいて行う調査への協力義務を明記したほか、中国に拠点を置いていない企業にも影響を及ぼす「域外適用」も設けた。
具体的にどのようなデータの取り扱いが「国家安全を損ねる」かは不透明だ。
→チャイナリスク。人件費も高いし、もう撤退でOK。
中国市場は数だけは魅力的だから、輸出対応。工場は撤退。中国人も日本製品の良さは知っているので、商社に頑張って売って貰おう。
国家安全の観点からデータの取得や保存を制限する「データセキュリティー法」を可決した。国外の企業でも中国の国家安全を損ねた場合には「責任を追及する」としており、日本など外国企業への影響が懸念される。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR