TOP > 政治・経済 > 果物、家畜の盗難続発 生産者ら対応に苦慮 埼玉 - 産経ニュース

果物、家畜の盗難続発 生産者ら対応に苦慮 埼玉 - 産経ニュース

11コメント 2020-10-05 20:09  産経ニュース

埼玉県内で果物や家畜の盗難被害が相次ぎ、生産者らが対応に苦慮している。県は柵や防犯カメラを設置するよう求めているが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う販売減が直撃…

ツイッターのコメント(11)

これは全部外国人の犯罪なのか?
@MOJ_HOUMU
もうなんとかしてやれよ❗️
💢💢💢
[埼玉県内で果物や家畜の盗難被害が相次ぎ、生産者らが対応に苦慮している。県は柵や防犯カメラを設置するよう求めているが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う販売減が直撃する農家にとって、自前の対策は容易ではないのが実情だ。家畜の盗難に関しては…

^_^💢
【メモ】一次産業
部外者が畜舎に入れば、靴などに付いたウイルスにより家畜が疾病を引き起こす可能性も高い。県の担当者は、窃盗の防止策に加えて「消毒用の消石灰をまき、病気が持ち込まれないようにしてほしい」と強調
埼玉(産経新聞)
生活に苦しんでいる外人がいませんか?
悲しいけど、今後もっと増えるんだろうなぁ
まずは法改正して罰則強化。
被害にあった側に対応を求める前に、さっさと一網打尽にして欲しいね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR