TOP > 科学・学問 > 側溝で発見の女性遺体は熊本大の35歳のウイルス研究員 - 産経ニュース

側溝で発見の女性遺体は熊本大の35歳のウイルス研究員 - 産経ニュース

熊本市内の側溝で身元不明の女性遺体が見つかった事件で、熊本県警は9日、遺体の身元を同市中央区本荘の楢原知里さん(35)と発表した。熊本大によると、楢原さんは、鹿…...

ツイッターのコメント(15)

明らかに他殺じゃねーか可哀想に(;´・ω・)
この時期、憶測を呼ぶ事件…。
国籍は?
エリートじゃん。何があったんだろ。
見えない力を感じる(個人の感想です)
>ヒトレトロウイルス学共同研究センターの熊本大キャンパス(熊本市)に研究員として勤務

犯人見つかったの?
研究資料等は無事だったの?
なんか闇を感じる
ヒトレトロウイルスの研究者が熊本において不審死

感染症研究者が、異常な状況に置かれ、その動きが諸国勢によって 引き起こされていく
今後、「不審死」として扱われている本件被害者の研究内容とその周辺を めぐり、我が国発のパンデミックの中核へと展開していく
司法解剖で死因は窒息と判明。
ウイルス研究者の殺人死体遺棄事件。
時期が時期だけに陰謀がらみか。。
身元が分かってみれば、不思議な・・・殺人事件
熊本大によると、楢原さんは、鹿児島大とともに設立したヒトレトロウイルス学共同研究センターの熊本大キャンパス(熊本市)に研究員として勤務。
側溝で発見の女性遺体は熊本大の35歳研究員
側溝で発見の女性遺体は熊本大の35歳研究員 (産経新聞)
側溝で発見の女性遺体は熊本大の35歳研究員 熊本市内の側溝で身元不明の女性遺体が見つかった事件で、熊本県警は、鹿児島大とともに設立したヒトレトロウイルス学共同研究センターの熊本大に研究員
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR