TOP > 社会 > 新型ミサイル性能漏洩か 三菱電機、サイバー攻撃 防衛省が全容調査 - 産経ニュース

新型ミサイル性能漏洩か 三菱電機、サイバー攻撃 防衛省が全容調査 - 産経ニュース

25コメント 2020-05-20 11:57  産経ニュース

三菱電機へのサイバー攻撃で、防衛省が研究を進める最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が同社から漏洩(ろうえい)した疑いがあることが20日、関係者への取…

ツイッターのコメント(25)

虎視眈々
防衛省関連の情報は常にオフラインのPCのみでの取扱にしないと危険だよね。

三菱系列は防衛省装備品の大量受注先な訳だから、白馬のハッカーを100人位雇用しても良いと思うのだが❓
三菱電機はセキュリティー対策を十分にすべき。中国はなりふり構わず、サイバー攻撃で開発費用を節約するのが常套手段。卑劣極まりないがサイバー攻撃防御も攻撃が最大の防御かもしれない。
対サイバー攻撃に対して防御体制の確立を。

- 産経ニュース
最近、中国による各国へのサイバー攻撃が増えてます。これも中国の可能性があります。/
※ 重要なものであろうがなかろうが、国家の防衛に関することが漏洩することは絶対にあってはならないことだと思う。この小さな隙間がいずれ大きな穴にならないように、早く法整備を❗️
早急にスパイ防止法を制定し、同時に対外諜報、国内防諜機関を新設、強化しなければならないと思う。
三菱…

この間日米が、「サイバー攻撃は他国への武力行使だ」とかって話題になってたのに…。

企業が緩いのは分かってる話なんだから、余計にでも保護管理は、関連情報範囲を徹底厳格化しなさいよ…
日本はスパイ対策が無さすぎる。
今回漏れたとされる情報は、さほど重要なものではないようですが、今後さらに重要な情報が流出しかねません。早急な対策が求められます。
「三菱電機サイバー攻撃」
★サイバー攻撃防御も含めての「商談」です。
当然、企業は、巧妙なアタックがあるのを前提に受注する時代です。
新型ミサイル、高速滑空ミサイルの開発情報が三菱電機へのサイバー攻撃で漏洩か。防衛省が調査開始。この情報は機密にあたる「秘密」レベルではなく「注意情報」レベル。
三菱電機へのサイバー攻撃で、防衛省が研究を進める最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が同社から漏洩(ろうえい)した疑いがある
あ~、入札仕様書的なやつか…
ウイルスバスターなんか使うから・・・
トレンドマイクロ責任取ってくれよ
三菱電機へのサイバー攻撃で、防衛省が研究を進める最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が同社から漏洩した疑いがあることが20日、関係者への取材で分かった。
これかなり不味いのではというか機密情報の管理見直した方が良いのではこれ以上漏洩するのは本当に危ない。
どこの国が盗んだかなんて一つしかないわけで。
いい加減、スパイに対して厳しくしろ。
防衛関係の情報漏えいとか怖いわぁ〜。○国のしわざだろうな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR