TOP > 社会 > 【台風19号】東京都市大、地下の図書館で9万冊浸水 - 産経ニュース

【台風19号】東京都市大、地下の図書館で9万冊浸水 - 産経ニュース

台風19号による大雨で多摩川が増水した影響で、東京都市大世田谷キャンパス(東京都世田谷区玉堤)の建物の半数にあたる8棟が浸水し、14棟が停電中で授業ができない状…...

ツイッターのコメント(13)

あ、やっぱり…( ꒪⌓꒪)
@root217  試験会場の様子。
(なお、逢坂はMAGE大で受験だったため、たまたま回避した模様)
@harukige 多摩川沿いって地下に資料室を作るのが流行みたいですね。




…鍵かかってます?
やっぱり、浸かったのか
壊滅的だなあ…
"建物の半数にあたる8棟が浸水し、14棟が停電中で授業ができない状態にあることが、同大への取材で分かった。図書館の蔵書約9万冊も浸水の被害が出ている。"
9万/29万って3割やられとるやんけ
建築都市デザインとか学内にあって、誰もリスクを指摘しなかったのか。
蔵書の3割以上沈むとか、フォローのしようがない。
絶版物や修復できない本がないことを切に願う。
大学の図書館って結構貴重な資料あったりするんだよね。。とても哀しい。

(産経ニュース) - LINE NEWS
【台風19号】東京都市大、地下の図書館で9万冊浸水( )…なんと愚かな…と思わざるを得ない。世田谷区のハザードマップでは総雨量590mmの降雨(たぶん台風19号はもっと多い?)の想定で東京都市大学は3~5mの浸水と想定。そんなところに地下書庫作って貴重な資料詰め込む?
「台風19号、東京都市大、地下の図書館で9万冊浸水」産経新聞
「世田谷キャンパスの建物の半数8棟が浸水し14棟が停電中で授業ができない状態。図書館の蔵書約9万冊も浸水の被害。被害があった8棟では最大1m以上の浸水が発生。図書館の地下フロアは天井まで浸水した」
対策が不十分だったのか、水がすご過ぎて防ぎきれなかったのか。今は東京都市大学だけど元は武蔵工業大学。工業大学なのに…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR