TOP > 社会 > 特養ホームで男性死亡 職員が別入所者の薬誤飲させる 東京・足立区 - 産経ニュース

特養ホームで男性死亡 職員が別入所者の薬誤飲させる 東京・足立区 - 産経ニュース

東京都足立区の特別養護老人ホームで15日、80代の男性入所者が意識不明となり、病院搬送後に死亡したことが、警視庁綾瀬署への取材で分かった。施設によると、男性には…...

ツイッターのコメント(31)

東京・足立区(2019.2.15)
>男性には薬のアレルギーがあったが、職員が前日の朝に別の入所者の薬を誤って服用させていた。
@jasmine31975283 誤薬で死亡事故が発生した一例のソースを張り付けておきます


→施設によると、死亡した男性は認知症のほか、高血圧の持病があり、薬を毎日服用していた
→女性職員が14日の朝食時、食堂で隣の席に座っていた別の男性入居者の薬を男性に誤って飲ませた
この誤飲させた女性職員、もうこの業界いられないだろうな・・・私今日夜勤だ。薬だ。なんか、この記事見たら怖くなった。いつも以上に気をつけよ💦
この事件。
ほんとに明日は我が身って気持ちで対応しなきゃだよ。
薬に書いてある名前を声に出し読んで、本人の前で袋を指さし、顔確認・・・
徹底しているけど 油断は出来ないよね。
これと同じ事が私のいる法人のグルホで起きてたよ。私のいるグルホではないけど、リスク委員会で事故報告あがってた…。亡くなってはいないけど。
他人事と思えない事件。誤薬はしてしまったこともあるし、発見したこともある。たまたま何ともなかったけど、死亡となると本当に配薬業務は気を付けないといけないと思った。。。今日施設で早速注意喚起してきました。
私もやらかした事あるけど「誤薬は誰でも最初は一度はやるから、大丈夫」って言われた うーん、だいじょばない……
食事時に配るのがどの施設でも一般的?つまりは配膳や食事介助と同時進行されてる業務。私は老健だったので三食看護師が回れていたが特養だと朝夕が地獄なんじゃないかね。。。
これは他人事じゃないな・・・
服薬は命に関わる事で何年やっても毎回緊張感がある。
誤薬は絶対ダメ、おしまい。
なんともいえない。
7年介護してて1回だけ 誤薬させた事ある。

超勤続きで、連勤とかなれば
薬間違いそうになる まぢ分かる。
服用させるの 未だに恐怖。
内服管理は看護師の仕事
残念だけど、この施設で内服管理が介護職の業務であるなら過失を訴えられるのは仕方がない。

しかし、内服管理の責任は本来nsの役割。
管理から内服確認までをnsが一貫してやるべき。

介護職の業務過多も今回の事件の要因だと思う。

特養ホームで服薬事故
誤飲が分かった時、すぐに措置を取らなかったのか。ならば厳しいだろう。
ほんとに誤薬のせいでなくなったのか?
いったいどんなアレルギーがあって、何の薬を飲ませてしまったのかわからなければ、何とも言えんと思うが?
自宅で介護ロボットに面倒みてもらうのが一番。

人間誰しもミスだらけだから。
朝食後の薬か…誤薬はおきてはならない事なのはわかる。

けれどもしこの職員が明けだった場合、職員の確認不足と言う改善策だけで終わらないで欲しい。

夜間帯動きっぱなしで休憩も取れず、疲労蓄積MAXの状況で内服をしなければならない勤務体制も改善して欲しい。
誤飲って?
足立区ですか、知っている施設でなければいいのですが🤔
リスクマネジメントの徹底(手順の見直しや複数確認)が期待されるところです。
10年選手の職員ダブルチェックしてないんだよな。
ひいーー職場でも注意喚起されているだろうー
20年前、似たようなことをやらかしたことがある。
今もこの世界で仕事ができてるのは運の良さがあることも否定できない。
今日ニュースで高齢者施設の誤薬事故やってた…って聞いたけど、これか。
夜勤で配薬をやってる身としては他人事じゃない。

@Sankei_news
全くもって対岸の火事じゃない。
薬はマジで生命に関わるから誤薬だけは気をつけないと。
こここここわい
誤薬、ぜったい起こしません!なんてひとはいないと思うし……
ダブルチェックしていての誤薬だとどの時点で誤薬してしまったのかな
いくら気を付けてもヒューマンエラーはゼロには出来ない。ダブルチェックしてもマンネリ化すれば意味がない。そしてお年寄りって山ほど薬飲む。
来月の事故研修で講師やるからこれは言わねば
配薬介助がある以上、いつどこで同じ事故が起きてもおかしくない。

男性死亡
肝心のどんな薬を誤って飲ませたかの情報が抜けている。
まず声に出して名前確認→声に出して本人に薬包を見せる→介助or見守り→全員の服薬が終わるまで薬包は捨てない

ここまでやっても昼薬を朝に飲ませて事故報とかある
確認がおざなりになっていたんだろうなぁ。
以上
 

いま話題のニュース

PR