TOP > 社会 > 子供“連れ去り” 国内外から日本の姿勢批判「英語では『誘拐・拉致』だ」 ハーグ条約発効3年(1/3ページ) - 産経ニュース

子供“連れ去り” 国内外から日本の姿勢批判「英語では『誘拐・拉致』だ」 ハーグ条約発効3年(1/3ページ) - 産経ニュース

10コメント 登録日時:2018-12-10 01:09 | 産経ニュースキャッシュ

一方の親による子供の連れ去りをめぐり、日本の予防・解決態勢の不備を指摘する声が国内外で強まっている。今国会では「現状のままでは連れ去りが続く」との危惧が提起され…...

Twitterのコメント(10)

@ishinkushida まるで、2017年のゴールドマン法のときの岸田文雄外相のような危機意識の低さですね、、、海外からの批判の目はよりいっそう厳しくなるのではないかと思います。
- 産経ニュース
日本も早く刑事罰を適用して欲しい。
@Z6RBJWhfn7VV57M @mizukikenkan 起こるのならハーグ条約違反をして国際的に非難されている日本国政府に怒って下さい。お願いします。
- 産経ニュース

多くの先進国では子供を連れ去ると誘拐や児童虐待で刑事罰が科される。日本をゴールドマン法による制裁の第一号にしてもらいたい。
@tigeronpass11 子供の返還に応じない国への制裁を定めた『ゴールドマン法』に基づき、米国が日本を制裁する恐れもある



これでも他人事でいいんですか?
国内外から子どもの連れ去りは「誘拐、誘拐」である!
国内外からの批判

法曹の責任が大きい

先日のシンポジウムでも、わざとかもしれなくらい鈍感だったもの
この記事は松浪健太前衆議院議員の予算委員会での発言などが良く整理されています。
ポイントも明確に指摘していると思いました。
「子の連れ去り」は「子の福祉と人権を侵害する犯罪」だ。

日本人が「子の連れ去り」を正当化しても、FBIやInterpolを含む世界各国の捜査機関は、正当な理由のない「子の連れ去り」を許さない。
身柄確保の後、相当重い懲役刑などが課されるだろう。
@Sankei_news
@SotaKimura 全ての子と引き離された親が「誘拐」という言葉を使用してるわけではないので一部を全部に当てはめて論理展開するのは疑問ですが、誘拐」や「拉致」の言葉はニュースや外務省の書類やWikipediaにも出てくるので、その影響で使ってるだけだと思う。禁止語句ですか?
以上

記事本文: 子供“連れ去り” 国内外から日本の姿勢批判「英語では『誘拐・拉致』だ」 ハーグ条約発効3年(1/3ページ) - 産経ニュース

関連記事