災害派遣の自衛隊、除雪を開始 横手市|秋田魁新報電子版

 陸上自衛隊が横手市に災害派遣された6日、同市の栄小では午前9時ごろに自衛隊員約50人が屋根の雪下ろしを始めた。隊員は胸の高さほどまで積もった雪をスコップやスノーダンプで手際よく下ろした。…

ツイッターのコメント(22)

色々言う人がいるようですが。派遣部隊の21連隊の隊員には横手、湯沢、羽後出身の隊員も結構いると思うよ。実家があったり、祖父母宅があったり。他人事じゃないと思う。
鉄のスコップで頑張るなぁ自衛隊員しゃん・・・重くて扱いきれないよぅ;;
実家の母によると、わたしの記憶にある48豪雪よりもひどい状況とか。雪による死者も出ていて心配。お年寄りのおうちの雪下ろしも早めにお願いします。
流石に秋田でも地球が本気出したら自衛隊に頼りますねw
陸上自衛隊が横手市に災害派遣された6日、同市の栄小では午前9時ごろに自衛隊員約50人が屋根の雪下ろしを始めた。隊員は胸の高さほどまで積もった雪をスコップやスノーダンプで手際よく下ろした。
地上イージスでは鬼の首をとる勢いで自衛隊を非難し、コレ。
要請されると断らずに来る、、、自衛隊は、そんな都合がイイ組織では無い。日頃から本当に感謝しているのか?
本当に感謝しかないですね🙏
除雪の訓練なんかも受けているんでしょうね🤗
民家の1F軒下にまで、雪が積もっている。しかも屋根の上の積雪の高さが自衛隊員の身長よりも高い。これはちょっと凄すぎる大雪。

ただ不思議なのは写真が民家の除雪で、文章が小学校の除雪になっていたこと。なんで?

 横手市|秋田魁新報
自衛隊のみなさん本当にありがとうございます
建物のゆがみがひどそう
 
PR