TOP > 社会 > 新大館駅舎22年度完成へ 秋田杉イメージ、本場をアピール|秋田魁新報電子版

新大館駅舎22年度完成へ 秋田杉イメージ、本場をアピール|秋田魁新報電子版

 秋田県大館市は、JR大館駅の新駅舎と駅周辺整備事業の基本設計をまとめた。新駅舎は、現駅舎西側に市が管理する施設と一体化して建設する。概算事業費は約25億円で、2022年度末の完成予定。...

ツイッターのコメント(11)

一瞬「新大館」って何?、て思った🤦‍♂️
秋田魁新報: 秋田杉イメージ、本場をアピール.




スゴい‼️(о´∀`о)✨
新大館駅カッコいい‼️
木目調を全面に主張するデザイン大好き。
そんな事よりゲーム規制やめろ

(違う市だけど)
もっと素朴なデザインでいいと思うんだがな…
にっ…にじゅう…ご…おく…(゚ω゚)?
10おくかけた🐶の里も…そんな…あれだぞ…(゚ω゚)
#新大館駅舎
#大館市企画調整課
「木を意識した造りにしたい」
それにしても、センスのかけらもないわ。
これでおk出す人間って審美眼という言葉さえ知らないんだろうな。
これで高給とる楽なお仕事だな、公務員。
#無能
おっ、実家の方の駅がきれいになるのか!!
地元の人が使うことはほぼない駅だけど…これを機に少しでも観光客が増えるといいね。
これはなかなか期待ができそう
>JRは1、2階の849平方メートルを使用し、改札や事務室、待合室などを設ける。市の施設は1階の471平方メートルで、イベントホールや多目的スペースなどを整備する。
秋田杉イメージ、本場をアピール
以上
 

いま話題のニュース

PR