TOP > 社会 > 重さ500キロの鉄板2枚、重機から落下 誘導作業中の男性、頭に当たり搬送先で死亡/深谷

重さ500キロの鉄板2枚、重機から落下 誘導作業中の男性、頭に当たり搬送先で死亡/深谷

12コメント 2020-02-29 12:16  埼玉新聞

 28日午前7時半ごろ、深谷市本田の路上で、久喜市吉羽5丁目、アルバイト菊原尚人さん(24)が、重機の誘導作業中に落下してきた鉄板が頭に当たり、搬送先の病院で死亡が確認された。 寄居署によると、菊原さ...

ツイッターのコメント(12)

重機周りの人払いヨシ!
>バケットとアームの部分に挟んでいた
基本はワイヤーで吊るんだけど、ユンボのバケットで鉄板抱えるってのはしょっちゅうある
足場から落ちたとか重機転がしたとかで死亡事故見る度に明日は我が身だなって思う
良く見る光景ではあるけど、
高さがある場所でやってたか、
結構な高さで挟み上げてたか。

きっと背景にあるのは、

『面倒くさい』

って事なんだろう。

ご冥福をお祈りします。
鉄板を吊らずに挟んで運搬とか現場猫でもやらんやろ...
私の友達も50キロの鉄板10枚、計500キロが頭に落ちてきて亡くなってるんだけど、ほんとこーいう事故なくなって欲しい。
バケットとアームの間に挟んでたぁ???

何やってんだ
>ショベルカーは2枚の鉄板を運んでおり、バケットとアームの部分に挟んでいた鉄板が落ちたという。

ショベルカーに詳しくはないけどダメそうなのはわかる。
うぇぇ、現場猫案件やん
👈😺安全確認ヨシ!
むちゃくちゃやん…玉掛けしようよ…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR