TOP > 社会 > 意識失った妻、夫パニック…偶然近くにいた女性看護師が救う 名前聞けず看護師が立ち去る「お礼伝えたい」

意識失った妻、夫パニック…偶然近くにいた女性看護師が救う 名前聞けず看護師が立ち去る「お礼伝えたい」

12コメント 2019-12-16 07:59  埼玉新聞

 7日午前10時半ごろ、久喜市本町6丁目の道路脇で、車に乗車中、突然意識を失った栃木県鹿沼市の高橋幸子さん(62)に、通り掛かりの女性が救命措置を行い、一命を取り留めることができた。救急車に同乗して名...

ツイッターのコメント(12)

名前聞けず看護師が立ち去る「お礼伝えたい」埼玉新聞
助け合い。
みんなみんな、助け合ってほしい。
ただ感謝でしかない。近くでこういうことが起こったならば、多分、私は
何もできないだろう。さらに何も言わずに去るというのが、カッコ良すぎだろ。
ええ話や…( ;∀;)
それはそれとして、みんなも自分の大切な人が倒れた時に、そして自分が倒れた時に、狼狽して終わるだけにならないように、救命講習会受けようぜ
お会いできるといいですね
私も横断歩道を渡っている時に車がぶつかってきて倒れ、偶然後ろにいた看護婦さんが助けてくれた。地元紙にお礼の言葉を載せてもらいましたが、本当に助かった。
こういうニュースこそ知られてほしいよねぇ(´ω`*).。oO
恩人探し。埼玉県久喜市の看護師さん
ご夫妻のピンチに白衣の天使舞い降りる。白衣は纏わずとも白衣の天使の精神は纏ったままだった、という寒風吹く中で心暖まる話。
この女性看護師さんに届きますようやな🙏
本当は直接お礼を言いたいでしょうけれど、命を救ってくれた女性は名乗り出ないかもしれない
その女性がこの記事を目にし、命が助かったことが伝わると良いですね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR