TOP > 社会 > 母子遺族の訴え全文 東京・池袋暴走事故|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

母子遺族の訴え全文 東京・池袋暴走事故|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

13コメント 2019-04-25 15:52 | 佐賀新聞キャッシュ

池袋の暴走事故で亡くなった松永真菜さんと莉子ちゃんの遺族の男性が会見冒頭で読み上げた訴えの全文は次の通り。 事故現場の献花台に、あふれるほどの花を手向けてくださった皆さま、妻と娘に寄り添い、心を痛めてくださっている皆さまの温かい心に感謝しています。最愛の妻と娘を突然失い、ただ、ただ涙することしかできず、絶望しています。 娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命が尽きる...

ツイッターのコメント(13)

早く裁判を開きましょう。先に勲章とか剥奪出来るといいのですが。
ようやく送検らしい。犯人が明確な交通事故なのに時間をかけるね。
それを罪に問わないこの日本はもはや法治国家ではない
"不運でない"交通事故で、他者の未来を閉ざすなど、人の尊厳を踏みにじる行為だろう。

残された人の心には穴が空く。
大切な人の笑顔も未来も、もうこの世に存在しない。埋められない穴だ。
私も6年間何も出来なかった。

悲劇を減らそう。この事件は風化させてはならない。
【悲報】
池袋暴走。
すでに過去の事件に。
@sagashimbun
忘れてはいけない。
許してはいけない。
忘れません。連休や陛下の御即位はあっても忘れません。
受け止めなくては。
加害者のおじいさんや親族は何を考えているのか知りたい。
「娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命が尽きるまで一緒にいる」ありふれた幸せが結婚最大の意義なのに。
■ 東京・池袋暴走事故(佐賀新聞)

池袋の暴走事故で亡くなった松永真菜さんと莉子ちゃんの遺族の男性が会見冒頭で読み上げた訴えの全文は次の通り。 事故現場の献花台に、あふれるほどの花を手向けてくださった皆さま、妻と娘に寄り添い、心を痛め…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR