TOP > 国際 > 新疆ウイグル族青年が訴え、「米主張は誇大宣伝」「現地で実態を見てほしい」=東京で講演会

新疆ウイグル族青年が訴え、「米主張は誇大宣伝」「現地で実態を見てほしい」=東京で講演会

「日本のウイグル人青年が故郷の新疆について語る」講演会がこのほど、東京都内で開催された。写真は新疆ウイグル自治区出身のパハルディン氏。

ツイッターのコメント(21)

本当のウイグルの方々の悲惨な事実を知らない偽者‼️
中日青年産学連盟のウイグル人"パハルディン"氏とチャイナ専門家として知られる"富坂聰"氏(拓殖大教授)による衝撃の講演!!!「ウイグル弾圧は真っ赤な嘘!」だそうです! 日本華人教授会の"朱建榮"氏(東洋学園大教授)、在日会社員のタス氏もこれを支持しているとの事!
『中日青年産学連合会運営メンバー』
2文目での答え合わせは最速記録では?
富坂聰の現在位置はここか。教授職はつらいな。
《パハルディン氏は「新疆の親戚や友人と連絡が取れない」とか、「帰国後に再び日本に入国できない」などの『噂』について「虚偽である」と具体的な事実を示しながら反論。「日本の友人を新疆ウイグル自治区に招き、彼らは新疆の真の状況を目の当りにした」という。》
証人は作れば良い
ディープフェイクは慰安婦問題だけではない
この時期日本に来れる人間がウイグルの人間なわけないだろうに。ただの中国共産党員だね。つか、わざわざ日本にきてやるな。
それじゃあ、ウイグルの独立を認めれば良いじゃねーか、中国は。独立されなくないから弾圧してんだろ?。~
最悪で気持ち悪い。
あまりに酷い。

|
酷いもんだな・・・中共はこうやって情報工作をするわけか。テレビでよく見る中国専門家というのも、きっちり取り込まれている。
「新疆ウイグル族青年が訴え、「米主張は誇大宣伝」」、富坂聰「欧米のメディアは「新疆ウイグル問題を先入観や立場で報道することが多い」
中国が開催した在日ウイグル講演会が露骨すぎる嘘プロパガンダだらけで完全に逆効果になる
イベントの主催が「中日青年産学連盟(中共の宣伝機関)」だという事でお察し。新疆ウイグル自治区の者がこのご時世に日本で働けてる時点で、党本部の肝入りだとバレバレ。現地で実態を、というなら査察団を受け入れろよ。
”この講演会は中日青年産学連盟が主催し、日本華人教授会が後援した。”
↑ほっほう…。
漢族との混血、ウイグル2世になれば、こういうChina共産党に取り込まれた人間が表に出てきて宣伝戦をすることはわかりきったこと…

新疆ウイグル族青年が訴え、「米主張は誇大宣伝」「現地で実態を見てほしい」=東京…
話を出してきたのがレコードチャイナと言う時点で胡散臭いとしか思えないのだが。
>「新疆の親戚や友人と連絡が取れない」
>具体的な事実を示しながら反論

どうせ日本人はなにも知らないとウソばっかりつく在日ウイグル運動家はいたけど、跟党走なウイグル人もたいがいにしろよ。連絡が取れないのは具体的な事実としては知られていないと思っているのか。
だったら、ウィグルで自由に取材させて嘘を証明すればいいのにw
『富坂聰・拓殖大学海外事情研究所教授は、欧米のメディアは「新疆ウイグル問題を先入観や立場で報道することが多い」』
ウイグル青年、東京で講演会:
「米主張は誇大宣伝」「現地で実態を見てほしい」
この青年は中国に懐柔され魂を売ったんだろうな
プロパガンダに「協力すれば家族も良い生活が出来る」とでも言われているんだろう
チベットでの迫害と同じ手法だ
これはウイグルガーの人達が5毛認定するでしょうが、私たちは0毛です、無料でわが民族のプライドと生存環境を守ります!ウイグル族をバカにしたり、茶番劇の主役にするのは断固反対!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR