TOP > 国際 > パキスタンのバッタ被害対策に中国が10万羽の「アヒル軍」派兵―中国メディア|レコードチャイナ

パキスタンのバッタ被害対策に中国が10万羽の「アヒル軍」派兵―中国メディア|レコードチャイナ

27日、中国メディアの観察者網は、パキスタンで発生している蝗害対策で、中国から大量のアヒルを送ることになったと伝えた。写真はアヒル。...

ツイッターのコメント(218)

「日本肺炎」という単語を聞いて中国にやきもきしてる方、メディアリテラシーを意識して単語で推測しないで欲しい。中国は割と粋な国なので。肺炎関係ないけど、こんなマインドも知ってほしい。
作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、
@kurigami_BuzRep 大量発生している🦗バッタ・イナゴ駆除のため、中国からパキスタンに派遣された🦆アヒル軍隊ですね?
さすが訓練された軍隊
@uberjoern バッタもよろしくお願いします。
アヒル優秀
ニワトリの3倍の戦闘力笑
-

テレビ番組で、フランスの農園でも虫の駆除に薬品を使うより別の虫を投入して食わせるほうがよかったと紹介していた記憶
> ニワトリ1匹で1日70匹のバッタを食べられるが、アヒルは200匹以上と約3倍の作戦能力を有している

>作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある
アヒルの兵隊さん、頑張ってね。❤️
パキスタンのバッタ被害対策に中国が10万羽の「アヒル軍」派兵


『さらに「ニワトリ1匹で1日70匹のバッタを食べられるが、アヒルは200匹以上と約3倍の作戦能力を有している。』(引用)

アヒル先輩スゲ〜!!
駆除後の話がアレだけど、駆除前に食卓にあげないでね。
ウイルスよりこっちの方が気になる
今、僕の最大の心配事は中共国境に迫るイナゴ退治に投入された、最強アヒル10万羽部隊の動向だったから調べてみた。
作戦終了後、退役したら全員食われる運命なんかー?!、
仕方ないとは言え、なんだかなぁ…
そういえば
アヒルの兵隊さん!
《10万羽のアヒルの軍隊が国を代表して出兵することになった》
アヒル1羽でバッタ200匹以上食べられるらしいです🦆🕊️
マガモみたいだな
バッタを倒しにアフリカに行った学者(名前忘れた)に教えてあげたい。
鳥インフルエンザ( ;∀;)
あれ、デマじゃなかったの?
しかしながら最後は食べるのか。バッタばっかり食べてて美味しいのかわからんなぁ。そのまま飼育してパキスタンあひる王国になりませんかね。
これ次の展開見えてるんじゃないですかね?身体にどんな影響あるかわからないのでこの時期のバッタ食べたアヒルを盗んで食べないでほしいです。いい手法なので被害が早く収まりますように。
パキスタンのバッタ被害対策に中国が10万羽のアヒル
後々アヒルが厄介者にならないか心配
@mzw_neo @ReutersJapan こういうニュースがありました。
面白いニュースではあるんだけど、バッタなのにサナギも食べてくれるとは…?
食物連鎖…流石食物連鎖の頂点中国!
アヒルさん頑張れええーーーー><

パキスタンも40%くらい食物やられたらしい
バッタ怖い;(´゚言゚);カタカタカタ
- 「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり」
-

「バッタ根絶界における奇才」とか「作戦行動」とかパワーワードの連続で笑った。オチについては意外性のない作戦だったw
東アフリカでバッタが4000億匹大量発生し、
畑を食い荒らし
インドを越え中国まで到達したと聞いていたが、
10万羽のアヒル軍団が立ち向かうそうです。
パキスタンのバッタ退治に中国のアヒル軍10万匹で挑むみたいです。空の戦力が欲しいとこです。隣国インドでインドも気が気じゃないと思います。失敗は許されませんよ( ˘ω˘)
アヒル軍かっけえ…w
「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」

アヒルは殉死するやつΣ('◉⌓◉’)
過去にも事例があって、バッタをたくさん食べたアヒルの肉は、おいしいと好評だったらしい。
『黙示録のバッタ軍団4000億 VS 「バッタ根絶界における奇才」アヒルの軍隊10万』…映画みたいだ。
「ニワトリ1匹で1日70匹のバッタを食べられるが、アヒルは200匹以上と約3倍の作戦能力を有している。しかも絨毯方式で食べつくし、サナギも食べてくれる」と専門家は説明している。

…バッタの…サナギ?
バッタ死してアヒル煮らる
スゴい😃がんばれアヒル軍!😆
バッタ軍vsアヒル軍の戦闘シーンがむちゃくちゃ見たい。ライブないかな。
これはいい軍事支援。アヒルがんばれ~
アフラックのCMに採用されそう。
> 「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」

巡り巡って結局人間の腹の中へ…
北京ダックのある中国ならでは。最後は食料になるところに少々哀愁を感じる。

-
お、おお…?⇒『「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」』

-
なお、戦後処理

>このほか、「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」と記事は指摘。
二ヶ月後のわい
ところでコロナ患者どこ行ったの?

今のわい
ところでバッタどこに行ったの?

答えあった↓
アヒルさんチーム…
一羽が一日200匹を食べるそうだが、イナゴの大群は4000億匹と聞く。アヒル軍は一日2000万匹、百日で20億匹を食べることになる。百日かけて0.5%しか処理できない。10万羽では足りないのでは?
もっと見る (残り約168件)
 

いま話題のニュース

PR