自民・二階幹事長、中国を「親戚」に例え支援の意向=中国ネット「日本の友人に感謝」|レコードチャイナ

自民党の二階俊博幹事長が香港フェニックステレビの取材に応じ、中国・武漢市で発生した新型肺炎が拡大していることについて、中国を「親戚」に例えて支援の意向を示した。写真は武漢。

ツイッターのコメント(50)

池田せんせーと同じ思考回路です
俺の親戚は日本人だけど。
>二階氏は中国で感染が拡大していることについて、「親戚の人が病になったと、こういう思いで日本人はみんな思っております。」
二階幹事長日本国内のマスクが大変不足してます。
店頭で買うことができません。
街頭で配ってください。
日本はマスク不足ですよー
普段使いとして買おうとしただけのに、どこにもマスク売ってない…
日本がマスク不足で困ってるのに何故、二階はそんな酷いことしたんだろか…
中国が「親戚」なら自国民はこの人にとって何なの?
国内の医療機関ですら必要な物が足りなくなってる現状をどのようにお考えで?
@kamekurasan1
今の政府と議員は日本人など、どうでも良いようです。
記事の通り中国優先の様で。衛生管理理由に休業しても良いかと思います。
これを批判するアホが多いが、日本だって東日本大震災の時に世話になっていることを思い出すべき。
中国は自民党の二階俊博がいうような“親戚”の認識は違う。政体の違う異国であり,政治家ならば共産主義故に情報を隠蔽しウイルスの抑え込みができなかった事実を見る必要がある。それを区別しながら,人民への支援をすることは必要だと思う。
 

 
PR