Java 19が正式リリース。より軽量な仮想スレッド、RISC-Vへの移植など新機能。1年後のJava 21が次のLTS版に - Publickey

20コメント 2022-09-21 00:43|Publickey

Javaの新バージョン「Java 19」正式版がリリースされました。 Java 19 is now available!...

ツイッターのコメント(20)

Threadsおもしろいなー / Java 19が正式リリース。より軽量な仮想スレッド、RISC-Vへの移植など新機能。1年後のJava 21が次のLTS版に - Publickey
へー。"例えばTensorFlowのようなJava以外のプログラミング言語で開発されたライブラリなどをラップしてJavaから呼び出せるようにする場合などに役立ちます。"
ナインティーン!_φ(・_・
「ARMの時代が来るのかー」なんて思ってたら "RISC-V" とやらが盛り上がりを見せつつあってもうわっかんねぇなこれ

//
19が正式リリース。より軽量な仮想スレッド、RISC-Vへの移植など新機能。


Oracle社よりJava19のリリースがアナウンスされています。
注目機能としてJavaVM上でJavaスレッドを作成、管理できるVirtual Threadのプレビュー版が追加されています
ジャヴァにもグリーンスレッドが来るのか
仮想スレッドいいな、Goみたいなイメージかな
OSのスレッドのほうが性能が良いみたいな話を昔聞いたような。

「 Threadは、OSによるスレッド生成に依存せず、JavaVMの中でJavaのスレッドを作成し管理できるようにしたものです」

Java 19が正式リリース。より軽量な仮想スレッド、RISC-Vへの移植など新機能。
「3年ごとだったLTS版の登場の間隔を2年にすることを表明しています。そのため、次のLTS版は1年後に登場する 21になる予定」 / Java 19が正式リリース。より軽量な仮想スレッド、RISC-Vへの移植など新機能。1年後のJava 21が次のLTS版に - Publickey
先日リリースを迎えたシステムはJava11。19が広がるのはいつ頃だろう。
業務上は次の LTS まで様子見である。『 21が次のLTS版に』
"オラクルは、これまで3年ごとだったLTS版の登場の間隔を2年にすることを表明しています。そのため、次のLTS版は1年後に登場するJava 21になる予定です"
JavaのLTSのリリース間隔、次から2年になるのか。
下回り的には Threads に、Foreign Function & Memory API と、なかなかデカいのでは
「ジョージ・サーブ氏に確認したところ、この発表の通りオラクルが商用版として提供しているOracle JDKにおいて、LTSは2年サイクルとなり、次のLTS版は1年後の 21となる、との回答を得ました」
19 で goroutine みたいな軽量スレッドが入った、っていう理解でいいのかな🤔 Java の文脈だと Threads という機構として入るらしい、書き味がどんな感じになるのか気になるな。
以上
 
PR
PR