TOP > IT・テクノロジー > IDaaSベンダのOkta、月間1万5000アクティブユーザーまで無償の「Okta Starter Developer Edition」提供開始。多要素認証にも対応、開発者向け施策を拡大 - Publickey

IDaaSベンダのOkta、月間1万5000アクティブユーザーまで無償の「Okta Starter Developer Edition」提供開始。多要素認証にも対応、開発者向け施策を拡大 - Publickey

18コメント 2021-04-08 00:29  Publickey

代表的なIDaaSベンダの1つであるOktaは、開発者向け施策拡大の一環として無償利用の範囲を拡大した「Okta Starter Developer Edition」の提供開始を発表しました。 Tod...

ツイッターのコメント(18)

面白そう!(手を出す時間くれ……
ここら辺が関係しているのかな?とりあえず試してみる
試して見るかな。
Oktaさんが月間1.5万アクティブユーザーまで無償提供するの凄すぎませんか。ほとんど企業が無料で本番利用できちゃうってことなのでは。
ちょっとお試したい。
ほほぅ
---
$OKTA しかしなぜ急に最近出た情報で知ってるのは「 Editionが無償提供」ぐらいしかないが。(関係無いはず
アクティブでカウントするの面白い課金体系。ユーザーやサーバー毎はサブスクが発展すると廃れてくんだろな
こうやってグロースはどんどんユーザーを拡大していく

日本でも話題になってるから、日本でも使用が増えてきたかな?

auth0は日本でも使われてたから、いい買収だったよ
詳しく読んでないけど1万5千ユーザーはやりすぎでしょ草
なんやて…?!
Auth0も買収してて、めっちゃ勢いあるな。
Okta、Outh0の買収も含めて、一気に市場を取りに来た印象。
今でも十分強いが、dominantに近い位置付けになることを狙ってるのでは
をっ!?_φ(・_・
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR