TOP > IT・テクノロジー > 「IBM COBOL for Linux on x86」発表。x86サーバ上のRHELやUbuntu Serverでz/OS互換のCOBOLコンパイルや実行を可能に - Publickey

「IBM COBOL for Linux on x86」発表。x86サーバ上のRHELやUbuntu Serverでz/OS互換のCOBOLコンパイルや実行を可能に - Publickey

44コメント 2021-04-08 01:10  Publickey

米IBMはx86サーバ上のLinux環境でCOBOL言語のコンパイルや実行を実現する「IBM COBOL for Linux on x86 1.1」を発表しました。 IBM COBOL for L...

ツイッターのコメント(44)

COBOLが息を吹き返している
z/OSの実物見てみたい:
うん。素直にスゴイと思う( ^o^)ノ
Serverでz/OS互換のCOBOLコンパイルや実行を ...
1.1ってことは1.0がすでにあった? /
未だに廃れない
アイデンティフィケーションディビジョン
エンバイロンメントディビジョン
とかやってたやつか
懐いコボルド
やっぱりCOBOL出来ないと時代おくれなん?
COBOL、強いなぁ(・∀・)。

私も習得しようかな(・∀・)。
IBM、COBOL、Linux…。
名前だけでお腹いっぱいになる😁
どんだけ需要があるんだよCOBOL。。。
すっごくしぶとい。。
VisualAge COBOL for Linux on x86はよ。
IBMだって、コンパイラーが移植されたからって、メインフレーム資産が簡単に現代実行環境に移行で来るとは思ってないだろう?
す、すごすぎだろ…
必要な所では必要だからね。こういう延命策は良いと思う。
COBOLerの死地はいずこ?
COBOLは死んだと言った人はもうみんな死んだよ
ってそろそろ言われそうな。
やっぱり需要があるから出てくるんだろうね。
もう楽にしてやれよ…
LinuxでCOBOLが動くということはクラウドでCOBOLが動くわけで、金融システム関係者からすればかなり熱いのではないかと考えている。
z/OS、名前は聞くけど、どういうOSなのかよく知らない。そもそもメインフレーム自体見たことない。
COBOLは生きている。
そうか。そーゆー時代になったか。
全くよく分からねーけど、COBOLは今後も続くよ
って理解でOK?
cobolまだ生き残るのか。。。
もう一生COBOLでいいのでは
これは凄い /
おー、頑張ってるな
か。まだ現役か。

「IBM COBOL for Linux on x86」発表。x86サーバ上のRHELやUbuntu Serverでz/OS互換のCOBOLコンパイルや実行を可能に - Publickey
もしこれ使った場合、保守要員確保するの大変そう。
わー、COBOL 勉強してみようかなー(しない
結局は枯れた処理系は使われ続けるということか。
終わりの無いのが終わり。それがCOBOLレクイエム
見てる:ほぅほぅ:
「CICSとの〜」の辺りは翻訳が微妙。「DB2ファイルシステムは各種編成に対応しているため、CICSとの相互運用が強化され、バッチCOBOLプログラムがDB2に保管されたCICS ESDS、KSDS、RRDSファイルへアクセスできます。」ぐらいが妥当。 /
面白い動きだ。_φ(・_・
COBOL懐かしい。 |
今の時代にCOBOLのコンパイラ出すとかすげえな
x86でもIBM COBOLか。既存資産の移行時にって感じなのかな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR