TOP > IT・テクノロジー > AWS、アレクサと同様の会話理解力を持つ「Amazon Lex」日本語対応を発表。日本語で会話する音声ボットやチャットボットが開発可能に - Publickey

AWS、アレクサと同様の会話理解力を持つ「Amazon Lex」日本語対応を発表。日本語で会話する音声ボットやチャットボットが開発可能に - Publickey

19コメント 2021-04-07 00:24  Publickey

AWSは、会話型AIを提供するサービス「Amazon Lex」が日本語に対応したことを発表しました。 Amazon Lexを利用することで、「すべてのデベロッパーがAmazon Alexaに採用さ...

ツイッターのコメント(19)

観測中・・・:『 - Publickey』
これのせいでAIスタートアップ潰れたりしそうだな。NTTの研究所も同じ研究やってたけど勝てなそうだし辛そう。
これ面白いな
テキストで出力したのを結月ゆかりに喋らせられないだろうか
自分でスマートスピーカーみたいなのが作れるのか。面白そう。
「Amazon Lex」使えば、音声でのAIチャットボットも比較的に容易に作れそうですねー

ちょっと試してみようかな
やはり時代はシェアリングエコノミー。こうして時代は加速していく。
おー、やっとLexが日本語化対応された
公共の場で使える場所がこれからもっと増えるだろうなぁ…🧐
これで電話予約を受けるだけのコールセンターはbotにとってかわるでしょう。 »
AWS lexってMicrosoft LUISみたいなのだっけ
日本語に対応したのか。_φ(・_・
おおついに、これでなんか作ってみたい /
「例えば、ホテル予約のための会話ボットをAmazon Lexで開発する場合、あらかじめ『ホテルを予約したいのですが』『ホテルを予約する』『{Location}で{Nights}泊の予約を取って』など、ホテル予約を意図するいくつかのフレーズを設定しておきます」|
ついにきた!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR